クレンジングの種類一覧:上手な選び方– category –

スキンケアメイク落とし

クレンジング5つの種類肌質やメイクの濃さに合わせた上手な選び方を解説していきます。メイク落としはスキンケアの基礎です。クレンジングを上手な使い方と注意点も紹介するので、是非ご覧ください。

クレンジングの種類一覧

クレンジングは大きく分けて5つの種類があります。

  1. クレンジングミルク
  2. クレンジグクリーム
  3. クレンジングジェル
  4. クレンジングバーム
  5. クレンジングオイル
種類メイクの濃さ洗浄力
クレンジングミルクナチュラルメイク弱い
クレンジングクリームナチュラルメイク弱い
クレンジングジェルナチュラルメイク中程度
クレンジングバーム濃いメイク〜ナチュラルメイクやや強い
クレンジングオイル濃いメイク強い

クレンジングの上手な選び方

クレンジングの上手な選び方

クレンジングオイル

洗浄力が高く、濃いめのメイクにも素早く馴染み、スッキリと落とせます。メイク落としにかかる時間を短縮できたり、摩擦も軽減できるメリットがあります。しかし、脱脂力が高いため、肌の乾燥を招くことや刺激となる場合があります。

メリット
  • 洗浄力が高くメイク落ちがいい
  • 肌にのせる時間や摩擦を軽減できる
デメリット
  • 肌が乾燥しやすい
  • 刺激になりやすい

クレンジングバーム

クレンジングバームは、洗浄力がある程度高くてオイルに近いメイク落ちが期待できる。洗い上がりがしっとりするので、オイルだと乾燥するという方におすすめです。しかし、バームが溶けないうちに肌を擦ると摩擦が起こりやすいので注意が必要です。

メリット
  • 洗浄力が高くメイク落ちがいい
  • オイルに比べて肌負担が少ない
デメリット
  • 肌への摩擦が起こりやすい

クレンジングジェル

ナチュラルメイクにおすすめなのがクレンジングジェル。クッション性のある柔らかいテクスチャーが摩擦を軽減洗い上がりはさっぱりとしています。W洗顔不要や濡れた手OKのものが多いので使い勝手も良いです。

メリット
  • クッション性があり摩擦を軽減できる
  • W洗顔不要や濡れた手OKのものが多い
デメリット
  • 洗浄力が弱い

クレンジングクリーム

保湿成分や美容成分を多く含まれていて洗い上がりがしっとりするクレンジングクリーム。こっくりとした濃厚なテクスチャーでクレンジング中の摩擦を軽減。洗浄力は弱めですが、肌への負担が少なく乾燥肌や敏感肌におすすめ。

肌に馴染ませるのに時間がかかるのがデメリット。

メリット
  • 洗いあがりが乾燥しにくい
  • 摩擦が少なく肌負担が少ない
デメリット
  • 洗浄力が弱い
  • 肌に馴染むまで時間がかかる

クレンジングミルク

洗浄力は弱いのでナチュラルメイクにおすすめ。水分が多く滑らかなテクスチャーで肌馴染みが良い。脱脂力も弱めなので、洗い上がりは潤いのあるサラッとした肌に。乾燥肌にもおすすめです。

メリット
  • 洗いあがりが乾燥しにくい
  • 潤いのある洗いあがり
デメリット
  • 洗浄力が弱い
  • 摩擦が起こりやすい
12