ヘアブラシのおすすめランキング10選:髪がサラサラになるブラッシングのやり方も紹介

ヘアブラシのおすすめランキング

ヘアブラシのおすすめランキングを紹介します。ドラッグストアやAmazonなどの通販サイトで購入できる市販アイテムから厳選。無印良品やタングルティーザー、サロニアなどもラインナップ。ヘアブラシの選び方、ブラッシングのやり方なども解説しているので、是非ご覧ください。

目次

ヘアブラシの選び方

  1. ヘアケアには豚・猪毛のクッションブラシ
  2. シャンプー前・濡れた髪にはパドルブラシ

①ヘアケアには豚・猪毛のクッションブラシ

ヘアケアには豚・猪毛のクッションブラシ
出典:メイソンピアソン

夜寝る前やスタイリング前のヘアケアを目的としたブラッシング向けなのが、豚や猪の毛を用いたクッションブラシ。

静電気が起きにくく、髪に自然なツヤを出すことができます。乾いた状態の髪にヘアオイルなどつけてからブラッシングしてあげるとより効果的です。

クッションになっている形状のおかげで、頭皮や髪への負担も少なくヘアケアに向いています。

  • 豚毛は軟毛・細毛・毛量の少ない髪におすすめ。
  • 猪毛は剛毛・太い髪・毛量が多い髪におすすめ。

使用用途
  • 寝る前
  • 朝起きた時
  • スタイリング
  • ヘアアレンジ

②シャンプー前・濡れた髪にはパドルブラシ

シャンプー前・濡れた髪にはパドルブラシ
出典:Amazon

パドルブラシとは、ブラシ部分のサイズが大きく、空気穴のあるヘアブラシのことです。

ブラシが適度に重くブラシ部分のサイズが大きい事で、絡まった髪を簡単にとかす事ができますシャンプー前の絡まった髪をブラッシングするのに最適です。ピンの素材もナイロンやポリエステル素材なので、濡れた髪にも使えます。オールイマイティーに使える優れもの。

カヌーをこぐパドルの形に似ていることからパドルブラシと名づけられたそう。

使用用途
  • シャンプー前
  • 濡れた髪
  • 絡まった髪
  • 頭皮マッサージ

ヘアブラシのおすすめランキング10選:髪がサラサラになるブラッシングのやり方も紹介

10位.サロニア スクエアイオンブラシ

サロニア スクエアイオンブラシ

出典:Amazon

ぶるぶる音波振動で絡まずスルッと、とかすたびサラツヤ髪に。独自の3段階の長さの多層構造ブラシで絡まった髪をやさしくスムーズにとかします。

持ち運びに便利なコンパクトかつアイコニックなデザイン、ブラシ保護カバーも付属。

デザイン性は高く面白い商品ではあるが、ヘアスタイルのデザインなどによっても向き不向きがありそう。長く使うことを考えるとどうだろう。

乾電池は別売・振動音が出ます。防水ではないので、濡れた髪には使えません。

ブラシ素材-
全長サイズ6.5cm

9位.無印良品 ブナ材ヘアブラシ

無印良品 ブナ材ヘアブラシ

ブローやブラッシングに適したヘアブラシです。2種類の細いナイロン毛で髪を整えます。

シンプルな形状で使いやすく、安価に手に入るヘアブラシ。価格をおさえたい方は100均などで購入せず、こちらを試してみてほしい。

メンテナンスも簡単でお手入れ用ブラシも別売りで手に入ります。

ブラシ素材ナイロン
全長サイズ約20cm

8位.ジョンマスターオーガニック コンボパドルブラシ

ジョンマスターオーガニック コンボパドルブラシ

出典:Amazon

マイナスイオンを放つトルマリン配合のイオン毛と天然猪毛の混合でできたブラシ。

やさしくブラッシングするだけでキューティクルを傷つけることなく整え、寝起きのもつれやすい髪も解消。

また、毛が太く、広がりの気になる髪質をなめらかでまとまりやすい髪に仕上げ、サラサラな輝くツヤを与えます。竹製の持ちやすい太さとフィット感のハンドルで、効果的なスタイリングを可能にします。

ブラシ素材猪毛、イオン毛
全長サイズ23.3cm

7位.ハホニコハッピーライフ カラミーNOヘアブラシ

ハホニコハッピーライフ カラミーNOヘアブラシ

出典:Amazon

3種類のピンが順番に髪を梳かすことで絡まりをほぐし、土台部分のクッション性が頭皮を優しくマッサージ。
濡れた髪にも使うことができるので、お風呂上りの濡れた髪を梳かすことで、水切れが良くなり、タオルドライだけよりも、短い時間で髪を乾かせます。軽いのでラクラクとかすことができます。

バスルームに置いておくと便利なヘアブラシです。

ブラシ素材PC,ABS,TPEE
全長サイズ22cm

6位.AVEDA(アヴェダ) パドル ブラシ

AVEDA(アヴェダ) パドル ブラシ

出典:Amazon

サイズや重さ、使い心地など非常に優秀なパドルブラシ。しかし、耐水コーティングをしていないため、水に濡れた場合はすぐにふき取っていただき、お風呂場など湿気の多い場所での保管は避けてください。

髪をとかしたり、頭皮マッサージにも使ってもいいですし、ブローする時にブローブラシとしても使える優れもの。ピン(くし)も長めなので、使いやすく絡まった髪も簡単にほどけてくれます。

つくりもしっかりしているので、長く愛用できるアイテムではないでしょうか。

濡れた髪に使えないのは残念。

ブラシ素材-
全長サイズ25.1cm

5位.マペペ つやつや天然毛のミックスブラシ

マペペ つやつや天然毛のミックスブラシ

出典:Amazon

オールマイティーに使えるヘアブラシ。猪毛&ナイロン毛のミックス植毛。

つや出し&寝グセおさえに天然の猪毛で髪に自然なつやとまとまりを与えます。コシのある天然毛なので、寝グセおさえにも最適です。

髪に程良いテンションがかかりストレートヘアのブローにも使いやすい。頭皮にしっかり届くピンヘッド肌あたりのよい丸いピンヘッドが、頭皮にしっかり届いてブラッシング!痛くなく、気持ち良い使い心地。

ブラシ素材[毛]猪毛[ピン]ナイロン
全長サイズ23.5cm

4位.ケント レディースブラッシングブラシ KNH-2624

ケント レディースブラッシングブラシ KNH-2624

出典:Amazon

厳選した高級豚毛を使用した女性用のブラッシングブラシ。

適度なコシのある豚毛は、地肌までしっかりとブラシが通り、天然毛(豚毛)に含まれる脂分が髪に自然なツヤを与えます。 また、マッサージ効果もあり、地肌の血行を促進して健康的な髪を作ります

豚毛の適度な摩擦により、髪の汚れを取り除きながら、キレイな髪の流れを作り出します。

200年以上前から現在まで、ブラシのトップブランドとして英国御用達の証しを授かりながら世界的地位を確立。 歴史と格式のため、素材の厳選からはじまり伝統技術を守り続ける職人のこだわりが最高の品質を生み出し続けています。

豚毛なので、髪が細く、柔らかい髪におすすめです。

ブラシ素材豚毛
全長サイズ約21.5cm

3位.アッカカッパ プロテクション ヘアブラシ no.6945

アッカカッパ プロテクション ヘアブラシ no.6945

出典:Amazon

ナイロン素材のループ状のブラシが頭皮を刺激し血行を促進。ブラッシングをしながらスカルプマッサージできるヘアブラシです。
クッション部分は、天然ゴムを使用しているので頭皮にかかる圧力を適度に吸収してくれて。優しい感触でブラッシングすることができます。

育毛エッセンスやトニック剤と合わせて使うと効果的。

ブラシ素材ナイロン
全長サイズ18cm

2位.タングルティーザー ザ・ウェットディタングラー

タングルティーザー ザ・ウェットディタングラー

出典:Amazon

「濡れ髪をとかす=髪が傷む」という常識を覆す、濡れ髪専用のヘアケアブラシ。絡まりやすく傷みやすい濡れた髪の間をするりと通り、無理な力をかけることなく、毛先までやさしく解きほぐします。

人間工学に基づいて設計された持ち手部分は、ハンドルをしっかり握ることができ、濡れた手でも滑りにくくなっています。

トリートメントを髪の根元から毛先まで塗布することができます。

バスルーム付近に置いておきたヘアケアブラシです。

ブラシ素材 熱可塑性ポリエーテルエステルエラストマー
全長サイズ22cm

1位.メイソンピアソン ハンディブリッスル ダーク・ルビー

メイソンピアソン ハンディブリッスル ダーク・ルビー

猪毛100%の日本人の髪質にあった高級ヘアブラシ。

高級なヘアブラシですが、何十年も使い続けられる ヘアブラシなのでおすすめできます。

髪質を問わず使いやすいタイプの柔らかさ、大きさです。


ずっと使い続けることができる質の良いヘアブラシを探している人に絶対におすすめ
母の日、父の日のプレゼントにも最適です。

ブラシ素材猪毛、酢酸セルロース、天然ゴム
全長サイズ21.6cm

ヘアブラシに関するQ&A

ヘアブラシは洗えるの?

ブラシ素材によって洗えるもの、洗えないものがあります。商品説明をご覧ください。

洗えるヘアブラシは、シャンプーを薄めたお湯につけて洗います。歯ブラシや柔らかめのブラシを使って軽く磨きましょう。その後、しっかりと洗い流して日陰で乾燥させます。

洗えないブラシは、ブラシクリーナーなどを使ってブラシについた毛やホコリを取り除きましょう。クッション部分の汚れは綿棒や歯ブラシなどを使うと良いですよ。

ブラッシングの正しいやり方は?
STEP
毛先からブラッシング

ブラシは、毛先から優しく通していきます。

根元から通すと、絡まったり引っかかりやすくなります。引っかかると枝毛ができたり、ダメージしたりするので注意しましょう。

STEP
オールバックにとかします

毛先を通し終えたら、オールバックにとかします。

全ての髪にブラシを通すイメージで、根元から毛先に向かってブラッシングします。

STEP
逆に襟足〜生え際に向かってとかします

オールバックではとかしきれなかった襟足付近から、フロントに向かってブラッシング。

顔を傾けたり、下を向くととかしやすくなります。

まとめ

ヘアブラシは頻繁に買い替えるものではなく、長く大切に使えるものを選ぶのがおすすめです。また、使用する用途に合わせるのも大切なポイント。お気に入りのヘアブラシを見つけてください。

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!




目次
閉じる