アホ毛(あほげ)を抑える対策8選:直し方を美容師が徹底解説

アホ毛(あほげ)を抑える対策8選:直し方を美容師が徹底解説

分け目のあほげが気になる。アホ毛の直し方が知りたい。そんな方に向けて、あほげを抑える対策8選美容師が教えるアホ毛の直し方を徹底解説します。今すぐ直したい方に向けての対処法アプローチ、アホ毛ができないようなヘアケア方法などの長期的なアプローチどちらも紹介します。

目次

アホ毛の原因

アホ毛ができる原因は、「切れ毛・成長途中の短い髪が立つ」「くせ毛や枝毛が浮いてくる」の2種類あります。

また、髪の乾燥によって静電気が発生することで、短い髪が立つことでより目立ちやすくなります。

原因1.切れ毛

切れ毛ができるのは、髪を洗ったり結んだり、櫛で梳かしたりする際に摩擦で切れること。

もしくは、カラーやパーマなどによるダメージによる影響が考えられます。

基本的には、「正しくヘアケアを行う」と「髪に負担がかかり過ぎるカラーやパーマを控える」が予防する方法になります。

原因2.くせ毛

くせ毛が原因のアホ毛の場合、縮毛やザラザラとした形状のくせ毛には、縮毛矯正ストレートパーマをかけることで対処するのがおすすめです。

原因3.枝毛

枝毛が原因のアホ毛の場合、「正しくヘアケアを行う」と「髪に負担がかかり過ぎるカラーやパーマを控える」が予防する方法になります。

アホ毛(あほげ)を抑える対策8選

アホ毛を抑える、直す対策8つを紹介します。

対策1.アホ毛を抑えるシャンプーを使う

アホ毛を抑えることに効果が期待でる、保湿成分や植物オイルを配合したシャンプーを使うのがおすすめです。

もし今、洗浄力が強いシャンプーや保湿成分を配合していないシャンプーを使っているのなら、シャンプーを変えるだけでも効果を実感することができるはず。

対策4.ドライヤーの温風と冷風を使い分けてアホ毛を抑える

ドライヤーを上手に使うと、アホ毛をおさえることができます。

ドライヤーを使ってアホ毛を抑えるコツ3つ
  1. 風は上からあてる
  2. アホ毛を手で抑えるように温風で乾かす
  3. アホ毛を手で抑えるように冷風で冷ます

ドライヤーの風は前から当てるとアホ毛が立つので注意しましょう。

対策5.植物オイル配合のヘアオイルでアホ毛を抑える

植物オイルには髪を柔らかくする柔軟作用保湿作用があります。

植物オイル配合のヘアオイルを使うことで、乾燥して硬くなった短い髪を扱いやすくすることができます。

植物オイル成分例
  • シアバター
  • アルガンオイル
  • オリーブオイル
  • 椿油
  • ひまわり油

対策6.ワックスでアホ毛を抑える

ワックスを上手に使いアホ毛を抑える方法を紹介します。

  1. 手のひらに少量取ってしっかり手に馴染ませる
  2. アホ毛を抑えるように撫でるように付ける
  3. アホ毛を抑えたまま10秒(手の温度を使います)

一度に多量のワックスを付けると、ギトギトして見える原因になるので注意しましょう。

対策7.スプレーでアホ毛を抑える

今すぐにアホ毛を直したいという方におすすめなのが、スプレーを使って抑える方法。

  1. スプレーをクシに吹きかける
  2. アホ毛を丁寧にクシでとかす(優しく抑えるように)

注意点:スプレーしたことを忘れて手ぐしを通すと元通りになります。スプレー後は髪を触らないようにするといいでしょう。

ハードタイプのスプレーを使うと1日持つので、湿気の多い日などヘアスタイルが崩れやすい日にオススメ。

対策8.マスカラでアホ毛を抑える

アホ毛を抑えるマスカラが販売されています。

これは対策7で紹介したスプレー」+「コーム」で行ったことをマスカラ一本でできるというアイテム

アホ毛を直したい部分にマスカラを撫で付けるだけでOKです。

まとめ

アホ毛の原因は、「切れ毛・成長途中の短い髪が立つ」「くせ毛や枝毛が浮いてくる」の2種類あります。

アホ毛の予防法としては、「アホ毛を作らない正しいヘアケアを行うこと」「カラーやパーマなどの髪への負担を減らすこと」これが重要です。

今回、すぐにアホ毛を抑えたい・直したいという時に役立つ対策8つを紹介してきました。

下記リンクも参考にしてみてくださいね。

関連記事

新着記事

目次
閉じる