女性のフケの原因とは?脂性フケ・乾性フケの対策

女性のフケの原因とは?脂性フケ・乾性フケの対策

毎日シャンプーをしているのになぜフケがでるの?どうやってフケ対策すればいいのかわからない。そんな女性に向けて、この記事ではフケの原因と対策方法について解説します。フケには脂性フケと乾性フケの2種類あり、それぞれの見分け方と効果的な対策を紹介します。

目次

女性のフケの原因とは?

女性のフケには、ベタベタしたフケ「脂性フケ」とパラパラしたフケ「乾性フケ」の二つ種類があります。

脂性フケの原因

脂性フケは、頭皮の皮脂の分泌が多すぎることで発生しやすくなります。

皮脂が多く分泌される原因は、体質食生活生活習慣頭皮の衛生状態頭皮に合わないシャンプーを使っているなどが考えられます。

乾性フケの原因

乾性フケは、頭皮が乾燥することで発生しやすくなります。

乾性フケの原因は、季節的要因体質アレルギーホルモンバランスの乱れ食生活頭皮のダメージ頭皮に合わないシャンプーを使っているなどが考えられます。

「脂性フケ」と「乾性フケ」の見分け方

「脂性フケ」と「乾性フケ」はそれぞれ対策方法が異なるので、自分のフケがどちらなのかを見分けることが大切です。

脂性フケの場合は、頭皮を触った時に指や爪に皮脂が付いてきます。

乾性フケの場合は、顔や肌も乾燥肌でカサカサしていることが多いです。

種類フケの形状頭皮の状態
脂性フケフケが比較的大きい頭皮がベタついている・赤く炎症を起こしている
乾性フケフケが小さく粉っぽい頭皮が乾燥している・色が白っぽい
「脂性フケ」と「乾性フケ」の見分け方

脂性フケの対策

  1. 低刺激で洗浄力の高いシャンプーを使う
  2. 洗髪方法を見直す
  3. 食生活を改善する
  4. 生活習慣を改善する
  5. シーツや枕カバーを清潔にする

①低刺激で洗浄力の高いシャンプーを使う

低刺激で洗浄力の高いシャンプーを使う

皮脂を残さず洗い流すことができる、高い洗浄力を持つ低刺激なシャンプーを選ぶことが大切です。

シャンプーに配合される洗浄成分は、洗浄力を判断する上で重要です。シャンプーを選ぶときに成分表を見てチェックしましょう。

低刺激で洗浄力の高い洗浄成分
  • ラウレス-4カルボン酸Na
  • ココイルメチルタウリンNa
  • スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na
  • スルホコハク酸ラウレス2Na

②洗髪方法を見直す

洗髪方法を見直す

正しいシャンプーできていますか?
脂性フケが出る人は、シャンプーを入念にする必要があります

特にシャンプー前にすすぎ、最後のすすぎに時間をかけましょう。

洗髪のポイント
  • シャンプー前にブラッシングする
  • 予洗いを入念にする
  • すすぎも入念にする

③食生活を改善する

食生活を改善する

不規則な食生活や暴飲暴食、乱れた栄養バランスは、脂性フケの原因になります。

  • 脂質の取り過ぎに注意する
  • ビタミンB2・B6を摂る

この2つをポイントに改善しましょう。

脂質の摂りすぎ

脂質は炭水化物・たんぱく質と並ぶ三大栄養素の1つであり、エネルギー源・細胞膜を構成する栄養素です。

しかし、多く取りすぎることで皮脂分泌が増えます

天ぷら・揚げ物、ジャンクフードなどの脂質が多い食事は要注意です。

過剰に摂らなければ大丈夫なので、野菜などと一緒にバランスよく摂りましょう

ビタミンB2・B6を摂る

皮脂を抑えるのに役立つビタミンB2やビタミンB6を食事の中でバランスよく摂取しましょう。

特に果物や野菜を意識的に摂取することが大切です。

④生活習慣を改善する

生活習慣を改善する

生活習慣で大切な3つのポイントを紹介します。

  • 睡眠の質を高める
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動をする

睡眠の質を高める

毎日、良質な睡眠をとれていますか?睡眠時間も大切ですが、質にこだわることも大切です。

質の良い睡眠をとるために実践できること
  • カフェインは、寝る5時間前まで
  • 寝る前にアルコールを摂取しない
  • 寝室にブルーライトを持ち込まない
  • 快適な室温は、夏26℃、冬15〜20℃

ストレスを溜めない

自分にあったストレスを解消する方法を見つけましょう。

簡単にできる、深呼吸やヨガ、散歩などがおすすめです。

朝起きてからの30分を使って簡単なヨガをすることで深呼吸、ストレッチを同時にできてストレス発散になります。

適度な運動をする

毎日30分以上の汗をかく軽い筋トレをするのがおすすめです。

通勤を利用したウォーキングでもOK!

意識的にエレベーターを使わず階段を使ったり遠回りして多めに歩くことを心がけるだけでも効果があります。

⑤シーツや枕カバーを清潔にする

シーツや枕カバーを清潔にする

シーツや枕カバー、帽子など頭に触れるものは清潔に保ちましょう

毎日洗う必要はありませんが、定期的に洗うようにしましょう。

特に帽子などの洗えないものは、除菌スプレーを使いメンテナンスしましょう。

脂漏性皮膚炎の場合

頭皮に赤み、かゆみ、皮膚がめくれる、フケが大量発生などがある場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

もし脂漏性皮膚炎の疑いがある場合は、皮膚科受診が必要です。

脂漏性皮膚炎を発症する主な原因は、マラセチア菌という癜風菌です。

マラセチア菌は健康な人間の皮膚にも存在する菌であり、少量であれば炎症を起こすことはありません。

しかし、皮脂の分泌が過剰になると、マラセチア菌が増えて炎症や痒みが出てしまいます。

少しでも気になるときは、皮膚科に相談することをおすすめします

乾性フケの対策

脂性フケと同様ですが、食生活や生活習慣、特に睡眠、ストレス、運動が大切です。

前項に記述してあるので、それ以外での対策方法を紹介します。

  1. 優しい洗浄力の低刺激なシャンプーを使う
  2. 洗髪方法を見直す
  3. 紫外線を避ける

①優しい洗浄力の低刺激なシャンプーを使う

優しい洗浄力の低刺激なシャンプーを使う

優しい洗浄力の低刺激なシャンプーを使いましょう。洗浄力が強いシャンプーを使用していると、頭皮の皮脂を取り過ぎて乾燥を引き起こします。

おすすめなシャンプーはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは、肌と同じ弱酸性でできており、優しい洗浄力で刺激が弱いという特徴があります。

②洗髪方法を見直す

洗髪方法を見直す

シャンプーのしすぎ

シャンプーのしすぎは、頭皮が乾燥する原因になります。基本的には1日に夜一回がおすすめです。

むしろシャンプーをしない湯シャンというのも、乾性フケの人にはおすすめです。効果が出るまで時間はかかりますが、このようなフケ解決方法もあります。

お湯の温度を見直す

熱いお湯で髪をすすいでませんか?熱いお湯は頭皮を乾燥させます
熱いお湯で洗う方が気持ち良いという人もいるかと思いますが、お湯の温度は38℃前後がおすすめです。

③紫外線を避ける

紫外線には、皮膚を酸化させ肌のバリア機能を壊し、肌を乾燥させる原因となります。そして、頭皮が乾燥するとフケが発生するようになります。

頭皮の日焼け対策
  • 帽子
  • 日傘
  • 日焼け止めスプレー(頭皮用)

まとめ

まずは、自分のフケは脂性タイプか乾性タイプかチェックしましょう。そして、適切な対策をとれば改善していくはずです。

特にシャンプー選びと食生活の見直しは効果的だと考えます。是非、実践してみてください。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

参考文献:ふけ・頭のかゆみの症状・原因|第一三共ヘルスケア
効果的なフケ対策とは|大正製薬
【医師監修】フケが出るのは乾燥肌だから?考えられる原因と防ぐためのポイントを解説 | 健栄生活

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!




目次
閉じる