頭皮ニキビの原因:なかなか治らない人におすすめの対策方法

頭皮ニキビの原因とは?治すための改善方法

頭皮ニキビの原因と対策方法について解説します。

頭皮ニキビがなかなか治らなくて悩んでいるとい人に向けた記事です。




頭皮ニキビの原因

頭皮ニキビの原因は、皮脂や古い角質が毛穴をふさぎ毛穴の中に皮脂がたまることで発生します。

皮膚の常在菌であるアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養にして増殖します。そして、炎症を起こすことでニキビとなるのです。

具体的にアクネ菌の増殖、炎症を起こす原因を紹介します。

  • 生活習慣やストレス
  • 食生活
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 頭皮に合わないシャンプーを使っている
  • 間違った頭の洗い方をしている
  • 紫外線
  • 不衛生

生活習慣やストレス

生活習慣の乱れやストレスも、頭皮ニキビの原因となります。

適度な運動、規則正しい生活、良質な睡眠などができなくなると、カラダの新陳代謝が低下し、免疫力が下がることでニキビが発生しやすくなります。

そして、ストレスは体内に活性酸素を発生させニキビの治りも悪くなるのです。

食生活

脂質の多い肉料理中心の食生活や、スナック菓子などの脂質を摂取しすぎると、頭皮の皮脂分泌が増えニキビが発症しやすくなります

スナック菓子には、油が多く使われているのと、大量の糖分が含まれています。

これらを代謝するために、ニキビ予防や皮膚の健康のために使われるビタミンB群が使われてしまいます。

スナック菓子などの加工食品は、食品添加物も含まれているので、ニキビを発生させやすくします。

その他には、アルコール、香辛料の強い刺激物なども要注意です。

ホルモンバランスの乱れ

生理前になると、ニキビができやすいという人もいるかと思います。

生理前には、毛穴の周りの皮膚を厚くする黄体ホルモンが活発になります。そして、同時に皮脂分泌も増えるので毛穴がつまりやすい状態になります。

エストロゲンの作用も弱まり、肌が乾燥し古い角質が毛穴につまることで、ニキビが発症しやすくなるのです。

頭皮に合わないシャンプー

頭皮に合わないシャンプーを使っている場合、フケが大量に発生したり赤み、かゆみが出ます。

その炎症が頭皮ニキビができる原因となるのです。

髪に合うシャンプーを選ぶのではなく、頭皮に合うシャンプーを選びましょう。

シャンプーの種類と上手な選び方

間違った頭の洗い方をしている

間違った洗髪で多いのが、頭の洗い過ぎです。

洗髪のしすぎは、頭皮に必要な油分を落とし過ぎてしまい、それを補おうと頭皮はまた皮脂を多く分泌させてしまう。

そして、また頭を洗い過ぎてしまう。この繰り返しで慢性的に皮脂が多めに分泌されることになるのです。

他には、爪をたてて洗う人は、頭皮に傷をつけてしまいます。その傷口に雑菌が入ることで、炎症しニキビができる原因となるので、爪を立ててシャンプーしないようにしましょう。

正しいシャンプーのやり方・髪の毛の洗い方を解説

紫外線

紫外線を浴びた頭皮は、乾燥します。

それを補うために頭皮は皮脂を多めに分泌させます。

過剰に分泌された皮脂によって、ニキビができてしまうのです。

頭皮の日焼け対策・ケア方法:おすすめ日焼け止め3選

不衛生

不衛生な頭皮状況は、雑菌の繁殖に繋がります。

シャンプーのあとに自然乾燥させたり、洗っていない帽子を使ったり菌が繁殖することで、頭皮は炎症を起こします。アクネ菌も増えてニキビが発症します。

スカルプシャンプーおすすめ人気ランキング

ヘアカラーやパーマで頭皮ダメージ

ヘアカラーやパーマで直接的にニキビを発生させるというよりかは、頭皮環境を悪くすることに繋がり結果的にニキビができやすい状態となってしまう。

カラーやパーマを短期間で繰り返したり、技術的な問題で頭皮にダメージを負うこともあります。

健康な頭皮状態では問題ないのですが、頭皮や肌の状態が良くない状態でのカラーやパーマをすることは危険です。

頭皮に異常がある場合は薬剤を使う施術は控えましょう。

なかなか治らない人の頭皮ニキビ対策

なかなか治らない人の頭皮ニキビ対策

原因を理解したところで、ニキビの対策を紹介します。

基本的には、前項にある原因となるものを改善していくことが大切になります。

食生活

規則正しい時間で食事をする

忙しい人は難しいかもしれませんが、これは食生活改善においてとても大切です。

朝食、昼食、夕食、決まった時間に食べることを意識してください。

ビタミンを意識的に摂取

ビタミンC

コラーゲンの生成促進、過剰な皮脂分泌の抑制、ターンオーバーの正常化、抗酸化作用と肌に良いことばかりなビタミンCは、ニキビにも効果大です。

ビタミンC
  • 緑黄色野菜
  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • アセロラジュース

ビタミンB群

ニキビに効果があるのがビタミンB2、B3、B5、B6です。

皮脂の分泌を抑制したり、皮膚や髪に栄養を与える大切な役割をしています。

ビタミンB1
  • 豚肉
  • うなぎ
  • ナッツ類
ビタミンB2
  • 納豆
  • 鳥レバー
  • 牛乳
ビタミンB3(ナイアシン)
  • たらこ
  • カツオ
  • レバー類
ビタミンB5(パントテン酸)
  • 納豆
  • 鳥もも肉
ビタミンB6
  • カツオ
  • マグロ
  • 牛レバー
  • バナナ

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり美容には大切な栄養素です。

ニキビの原因の一つである活性酸素を除去する効果があります。

ビタミンE
  • ナッツ類
  • うなぎ
  • 大豆類

ビタミンA

皮膚の粘膜の働き、免疫力を高める効果があるので、ニキビ対策には必要な栄養素です。

ビタミンA
  • 鳥レバー
  • 豚レバー
  • うなぎ

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整えることでニキビを防ぎます。

腸内環境が乱れると、自律神経を乱すだけでなく血行不良や食欲低下につながり、肌に必要な栄養を届けられなくなってしまいます。

食物繊維は、根菜や豆類などに多く含まれます。

脂質を取りすぎない食事

脂質をとる量をコントロールする。

脂質を多く取りすぎることで中性脂肪が増えたり、頭皮の皮脂の分泌が増えたりします。

毎日のようにファーストフードや肉を摂る人は脂質の摂りすぎに注意してください。

脂質が多い食材
  • 牛肉
  • バター
  • ベーコン
  • マーガリン
  • チョコレート
  • ナッツ

サプリメント

食事でとれない栄養素はサプリメントで摂取する。

栄養素を食事だけで補うのが難しい場合には、サプリメントで摂取するのもいいでしょう。

しかし、サプリメントに全て頼るのではなく、食事から摂取することを基本として、足りない栄養素をサプリメントで摂るようにしましょう。

良質な睡眠

質のいい睡眠は美容の基本です。良質な睡眠をとるにはコツがあります。

これから紹介することを意識的に行うことで、深い質の高い睡眠をとることができます。

良質な睡眠をとるコツ
  • カフェインは、寝る5時間前まで
  • 寝る前にアルコールを摂取しない
  • 寝室にブルーライトを持ち込まない
  • 快適な室温は、夏26℃、冬15〜20℃
  • 寝る前に熱いシャワーを浴びない
  • パジャマに着替える

ストレス解消

ストレス発散させていますか?ストレスの解消の方法は、人によって違います。

これをするとストレス発散できるというものはありません。

自分にあったストレス解消法を探しましょう。

洗髪方法を改善

正しくシャンプーしていますか?

正しくシャンプーする手順とコツを簡単に紹介します。

ブラッシング

ブラッシングは必ずしましょう。

ただし、頭皮にニキビができている場合は、頭皮にブラシが当たって刺激しないように気をつけましょう。
ヘアブラッシングの方法

シャンプー前のすすぎ

シャンプー前のすすぎをないがしろにしてはいけません。

お湯ですすぐだけでも、80%の汚れは落ちます。シャワーを頭皮に当てながら入念にすすぎましょう。

お湯の温度は38℃前後

お湯の温度を高くしすぎると、頭皮の皮脂を取りすぎてしまい乾燥する原因となります。

乾燥した頭皮は、皮脂を分泌させて頭皮の油分を補おうとするので、皮脂が多い状態となってしまいます。皮脂が過剰になりすぎるとニキビを発生させます。

シャンプーは手のひらで泡立ててから

シャンプーを出して、手のひらで泡立てるようにします。

シャンプー剤を頭皮に直接つけると、頭皮に残りやすく、ニキビの原因となってしまいます。

シャンプーは指の腹で優しく

しっかりと泡だててから、指の腹でマッサージするように頭皮を揉みながら洗いあげていきます。

爪を立てると、頭皮に傷がつきそこに菌が入り炎症を起こしやすくなります。

すすぎは入念に

すすぎ残しは、頭皮状態を悪化させるので危険です。

しっかりとシャワーヘッドを頭皮に当てながら、指の腹で頭皮をかきながらながしましょう。

自然乾燥は絶対にしない

自然乾燥させると、頭皮に雑菌が増殖し頭皮トラブルを起こす原因となります。

お風呂上がりは、なるべく早めに乾かしましょう。

順番は、タオルドライ後にスキンケアを行う前に洗い流さないトリートメントをつけてタオルターバンをします。

スキンケアを終えた後にすぐに乾かしましょう。

シャンプーの正しい使い方・髪の洗い方

頭皮に合うシャンプーを使う

頭皮にあったシャンプーを選びましょう。

シャンプー選びのコツは、できるだけ洗浄力の優しいものを使うといいでしょう。おすすめはアミノ酸系シャンプーです。

市販のアミノ酸系シャンプーおすすめ人気ランキング

スタイリング剤

刺激の強い成分が含まれているスタイリング剤は、頭皮トラブルの原因となりニキビができる事もあります。

スタイリング剤選びでおすすめなのが、肌にも使える天然由来の成分を使っているものや、オーガニックオイル、シアバターやワックスなどです。

ハードスプレーなどを使わないといけない時には、頭皮につけないように気をつけましょうね。

美容師のおすすめスタイリング剤の人気ランキング

枕カバーなどは清潔に

枕カバー、布団シーツなどは、直接頭皮に付くものなので清潔にしておきましょう。

不衛生なシーツはニキビの原因になります。

最低でも3日に1回は交換しましょう。

帽子などで洗えないものは、なるべく天日干しにするか除菌スプレーなどでメンテナンスをしましょう。

ニキビを潰さない

ニキビができると気になってしまい、かいて潰してしまうとことが良くあるかと思いますが、症状が長引くことがあるので気をつけましょう。

なかなか治らない頭皮ニキビは皮膚科を受診するように。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

フケを伴う頭皮ニキビの方へ
フケにおすすめシャンプーの人気ランキング
頭皮環境改善をお考えの方へ
スカルプシャンプーおすすめ人気ランキング

ゼロからのヘアケア講座では、どの本や雑誌よりも分かりやすく髪を美しくするための知識を解説していきます。

ゼロからのヘアケア講座

関連する記事