ヘアオイルの正しい使い方:使うタイミングを美容師が徹底解説

ヘアオイルの正しい使い方:使うタイミングを美容師が徹底解説

ヘアオイルの正しい使い方を美容師が解説します。朝と夜の使い方などヘアオイルを使うタイミング、いつ付ければいいのか?などの疑問にもお答えします。

目次

ヘアオイルの正しい使い方【朝と夜】

ヘアオイルの使い方を朝のヘアセットを想定した使い方夜のお風呂上がりに濡れた髪に付ける使い方を紹介します。

【夜】濡れた髪に適したヘアオイルの使い方

ヘアカタログLALA

①タオルドライ(つける前に髪の水分をとる)

タオルドライ(つける前に髪の水分をとる)

髪の水分をとるためにタオルドライをしましょう

髪が濡れているけど水が滴らない状態が目安。ヘアオイルが髪に浸透しやすく、その効果も十分に発揮できる状態です。

お風呂上がりにすぐにヘアオイルを付けるのがベストタイミングです。

②ヘアオイルを適量手にだす

ヘアオイルを適量手にだす

タオルドライができたら、手に適量のヘアオイルをだします

髪が長い方は数回に分けて付ける方が良いので、少なめにだしましょう。

こちらは参考の適正量になります。髪の量や長さに合わせて調整しましょう。

髪の長さ使用量
ショート1.5〜2プッシュ
ボブ2〜3プッシュ
ミディアム3〜3.5プッシュ
ロング3.5〜4.5プッシュ
洗い流さないトリートメントの適正量目安

量は多過ぎても少な過ぎてもダメ!適正量の目安は商品説明に従いましょう。

ヘアオイルのつける量が多過ぎると、髪がベタベタしてカッコ悪いだけでなく、シャンプーで落としきれなくなることがあります。髪や頭皮に残った油分が酸化し、頭皮のトラブルを招くことも。適正量を心がけましょう。

③手全体に馴染ませる

手全体に馴染ませる

ヘアオイルを手全体に馴染ませて温めます

指と指の間まで馴染ませておくことで、髪にムラなく付けることできます。また、体温で温めてから髪に馴染ませることで浸透しやすくなります

④毛先→中間→表面の順番で付ける

毛先→中間→表面の順番で付ける

まず一番乾燥しやすい毛先から付けていきます。その後、中間、表面、前髪の順につけていきます。

優しく手ぐしを通すように付け、髪がしっかりと吸収するように軽く揉みこみましょう。

ヘアオイルを髪の内側までつけるイメージで伸ばしていきます。

間違ってもヘアオイルを根元に付けないようにしましょう。頭皮トラブルを引き起こす原因になったり、ボリュームダウンしてスタイリングが上手くいかない原因になります。

⑤コーミングする(くしで梳かす)

コーミングする(くしで梳かす)

目の粗いコームを使ってコーミングする(くしで梳かす)ことで、ヘアオイルをムラなく均一に付けることができます。

優しく根本から毛先に向かってとかしましょう。このひと手間を加えることが、ヘアオイルの効果を最大限に引き出すポイントです。

⑥ドライ(髪を乾かす)

ドライ(髪を乾かす)

ドライヤーは根元→中間→毛先の順番で乾かします。

温風と冷風を交互に切り替えながら、髪の温度が上がり過ぎないように乾かしましょう。

80%乾いたら、洗い流さないトリートメントをもう一度付ける

8割程髪が乾いたら、もう一度少量のヘアオイルをつけましょう。付けたら均一にするために再度コーミングをしましょう。

重ね付けすることで1日中潤う髪をキープできます。

【朝】ヘアセットに適したヘアオイルの使い方

ヘアカタログLALA

①ブラッシングして整える(手ぐしでもOK)

ヘアオイルをつける前にブラッシングをして整えましょう。ブラッシングには、髪の絡まりを解き、キューティクルを整える効果があります

髪が絡まったままヘアオイルをつけると、ムラに付く原因になるのでブラッシングするようにしましょう。

②ヘアオイルを手に出して馴染ませる

少量のヘアオイルを手にだし、手と指の間に馴染ませて体温で温めます。

手に馴染ませることで、ムラに付くことを防ぎ、温めることで髪に馴染みやすくなります。

また、一度の多量のヘアオイルをつけると、部分的に沢山ついたり、ベタつきの原因になることがあります。ヘアオイルを少量ずつ手にだすようにしましょう。

③毛先→中間→表面→前髪の順で付ける

乾きやすい毛先から付けていきます。その後、中間と髪の内側に馴染ませます。最後に表面、前髪につけます。

④全体を整える

最後に全体を整え、乾燥しやすい部分に少し足しましょう。

前髪にヘアオイルの付け方

ヘアカタログLALA

①ヘアオイルを少量手にだす

ヘアオイルを少量、手にだします手を合わせて指の間もしっかり馴染ませておきます

②髪の内側から毛先につける

手ぐしを通しながら、前髪の内側から手を入れるようにして付けます。そして、毛先につけていきます。

③コーミングして整える

くしを使ってコーミング(くしでとかす)していきます。もちろん手ぐしでもOK!!

ヘアオイルの使い方に関するQ&A

ヘアオイルを使う理想のタイミングは?

ヘアオイルを使うベストなタイミングは、髪を乾かす前の濡れた髪に使うことです。お風呂上がり洗髪後の濡れた髪はヘアオイルの浸透も良いことから、ヘアケア効果を実感できるはず。是非、試してみてください。

アイロン前と後、どちらに付ければ良いですか?

アイロンをした後にヘアオイルをつけるのが正解。アイロン前につけると、熱によるダメージを増幅することがあります。具体的には、ヘアオイルが髪をコーティングし、熱による水分蒸発を妨げ、髪内部が高温になることでダメージします。もし、アイロン前にヘアオイルをつけたいなら、髪を乾かす前の濡れた状態でつけて、しっかりと乾かしてからアイロンを使いましょう。

ヘアオイルを使った髪型・ヘアスタイル

ショート

ヘアオイルでタイトにスタイリングしたマッシュショート。

ドライした後にストレートアイロンでくせを伸ばす。そして、ヘアオイルを全体に馴染ませて少しだけウェットに。

サイドを耳にかけて、タイトにまとめたら完成!ヘアオイルを使えば簡単にオシャレな雰囲気にスタイリングができます。

ボブ

前下がりのカットラインが美しい切りっぱなしボブ。ヘアオイルを馴染ませて手ぐしを通すだけで濡れ髪ボブに。

短めにカットした前髪もポイント。ヘアオイルを馴染ませて束感をだしています。

サイドを耳にかけてタイトにスタイリングしてもオシャレで可愛い。

ロング

ストレートにブローするか、ストレートアイロンで綺麗にくせを伸ばす。

ヘアオイルを手ぐしを通しながらつけていきます。

束感とウェット感が大切なポイント。

アレンジ

シンプルなポニーテールもオシャレな雰囲気を演出する濡れ髪質感。これもヘアオイルで簡単につくることができます。

ヘアアレンジする前に全体に馴染ませておきます。完成したら、前髪や後毛にヘアオイルを握るようにつけていくと束感ができます。是非、試してみてください。

まとめ

ヘアオイルの朝と夜の使い方、前髪の付け方などを解説してきました。おすすめのヘアオイルも紹介しているので是非ご覧ください。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!




目次
閉じる