ヘアサロンとは?美容院との違いについて解説

「ヘアサロン」「美容院」「美容室」など私たちは、意識せずに3つの言葉を使用しています。

実は、ヘアサロン=美容院ということではないんです。

これらの使い分けや違いについて解説します。

最後に美容室と理容室の違いについても紹介します。




目次

ヘアサロンとは

ヘアサロンとは、ヘアカット、シャンプー、ヘアカラーなどの施術をおこなう「美容院」や「理容店」のことをいいます。

美容院だけでなく、理容店でもヘアサロンと呼ぶというのがポイント。

ヘアサロン=美容院と捉えていた人も少なくないはずです。

ヘアサロンと美容院の違い

ヘアサロンと美容院の違いは、ヘアサロンには「美容施術」と「理容施術」のどちらも含まれる意味合いで使われ、美容院には美容施術のみの違いです。

ヘアサロン=美容・理容

美容院=美容

床屋=理容

という意味合いで使われる言葉になります。

美容院と美容室の違い

美容院と美容室の違いは、ありません。同じ意味で使われています。

広辞苑や大辞泉などの主要な辞書には、美容院と記載されています。

美容院は、髪を切るという行為が医学の一部とされていたこともあり、病院の”院”を用いられるようになったという話もあるようです。

美容室と理容室の違い

美容室と理容室の違いは、顔そりができるかに違いがあります。理容師にしか認められていません。

そのほかの違いでは、

美容室では、美容師が美容師法に定められた業務範囲でサービスを提供します。

理容室では、理容師が理容師法に定められた業務範囲でサービスを提供します。

美容とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいいます。

理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいいます。

つまり、美容室は容姿を美しく、理容室は容姿を整えるという特徴があります。

美容室では、デザイン性を重視。理容室では、正確性を重視という違いもあります。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連記事

新着記事

目次
閉じる