ヘアカラーの頻度・間隔はどのくらいがいいの?髪を染めるベストな周期を紹介

ヘアカラーの頻度・間隔はどのくらいがいいの?髪を染めるベストな周期を紹介
  • 頻繁に髪を染めると髪が傷むって聞いたけど、理想的な頻度ってどのくらい?
  • カラーを綺麗に保ちたい。カラーする期間や間隔はどれくらいがいい?

こんな疑問について美容師が解説します。今回は、ヘアカラーの理想的な頻度・間隔について解説します。

美しさをキープしつつ、頭皮や髪へのダメージを抑えた理想的な頻度を紹介します。




目次

美容院でするヘアカラーの理想的な頻度・間隔とは?

ヘアカラーの頻度と間隔は、ヘアデザインや髪質、毛量、白髪の量などによっても違いがあります。

今回は、一般的なヘアカラーの頻度について解説します。

  1. いつも綺麗に保ちたい方は数週間~1ヶ月
  2. 根元の新生毛(伸びた毛)を優先する方は1ヶ月半〜2ヶ月
  3. 髪のダメージリスクを軽減するならリタッチのみ

この3パターンを基本に、ご自身のヘアカラー頻度を検討してみるのがおすすめです。

1.いつも綺麗に保ちたい方は3週間~1ヶ月

いつもキレイな髪色に保ちたい方は、3週間~1ヶ月でのカラーが理想です。

シャンプーやドライヤーなどの影響で、ヘアカラーは毎日色落ちしています。

ヘアカラーのデザインや髪質、ダメージレベルにもよりますが、おおよそ3週間も経過すれば色落ちしているはずです。

キレイな髪色をキープしたいという方は、3週間~1ヶ月でカラーをしましょう。

2.根元の新生毛(伸びた毛)を優先する方は1ヶ月半〜2ヶ月

新しく生えてくる髪を優先して染めるなら1ヶ月半〜2ヶ月でのカラーが理想です。

髪は1ヵ月で、1cm~1.5cm伸びます。

2ヶ月経つと根元の黒い髪が3cmになり、色の境目がはっきりと目立ってきます。

髪の成長速度は人それぞれなので、1ヶ月半〜2ヶ月を目安にしてみるといいでしょう。

3.髪のダメージリスクを軽減するならリタッチのみ

髪のダメージリスクを考えると、ヘアカラーの頻度は遅くする方がいいでしょう。

とはいえ、根元の黒い髪もしくは白髪をそのままにしておけません。

そんな時におすすめなのが、根元の伸びてきた部分だけ染めるリタッチという染め方

リタッチと全体染めを交互にすると、髪が傷むリスクを減らすことができるので、是非ヘアカラーに取り入れてみてください。

まとめ

美容院でするヘアカラーのベストな頻度は、いつもキレイに保ちたいなら3週間~1ヶ月、根元のみなら1ヶ月半〜2ヶ月、ダメージを気にするならリタッチと全体染めを交互

参考にしつつ担当美容師とも相談しながら、自分なりのベストな頻度・間隔を見つけましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連記事

目次
閉じる