美容室のカラーにかかる時間はどのくらい?オシャレ染め・白髪染め・ブリーチ

美容室のヘアカラーにかかるトータル時間と放置時間ついて美容師が解説します。
先に結論をお伝えします。

  • カラーのみのトータル時間は1時間半〜2時間
  • 放置時間は15分〜30分

トータル時間は、来店から退店までの時間。放置時間は、薬剤を塗り終えてからシャンプーするまでの時間です。

詳しい解説もしていきますね。




目次

美容室のカラーにかかるトータル時間は1時間半〜2時間

美容室に来店してから退店するまでの時間は、1時間半〜2時間くらいが一般的です。

美容室でヘアカラーをしたいけど、施術にかかるトータル時間を知りたいという方は参考にしてください。

  1. カウンセリング
  2. 髪の状態によりシャンプー
  3. 薬剤塗布
  4. 薬剤放置時間(15分~30分)
  5. シャンプー
  6. ドライ&スタイリング
  7. お会計

髪の状態によっては、薬剤塗布前にシャンプーをします。

スタイリング剤などがついていたり髪が汚れている場合には、軽くシャンプーをしてからカラー薬剤を塗布していきます。

美容室のヘアカラー放置時間は15分〜30分

美容室のヘアカラー放置時間

ヘアカラーの放置時間とは、薬剤を塗ってから発色・定着にかかる必要な時間のこと

適正放置時間は、薬剤ブランドによっても異なりますが15分〜30分が一般的です。

適正時間を過ぎると、カラーの発色は弱くなります。そして、髪のダメージになるので注意が必要です。

  1. おしゃれ染めの放置時間は20分〜30分
  2. リタッチ染めの放置時間は15分〜25分
  3. 白髪染めの放置時間は25分〜30分
  4. ヘアマニキュアの放置時間は加温10分〜15分、常温15分〜20分
  5. ブリーチの放置時間5~30分

オシャレ染めの放置時間

一般的なオシャレ染めの適正放置時間は、20分〜30分です。

薬剤の種類、染める色味によって適正時間が異なります。

赤、ピンク、オレンジ系のカラーは、長めの放置時間

アッシュ、マット、オリーブ、ブルー系のカラーは、短めの放置時間の傾向があります。

35分以上の放置時間になると時間のおき過ぎになります。

白髪染めの放置時間

白髪染めの適正放置時間は、25分〜30分

オシャレ染めに比べると少し長くなります。

白髪染めも35分以上の放置時間になると時間のおき過ぎになります。

ヘアマニキュアの放置時間

ヘアマニキュアの適正放置時間は、薬剤によって異なります。

ラップをして加温する場合、10分〜15分くらい。

常温の場合、15分〜20分くらい。

ブリーチの放置時間

ブリーチの放置時間は、自然放置で5~30分

時間の幅があるのは、髪質や求めるデザインにより大きく異なるから。

35分以上の放置時間になると時間のおき過ぎになります。

色が抜けにくい髪質の場合、30分を過ぎたら一度洗い流し、再塗布するというのが薬剤メーカーの説明。

まとめ

  • 美容室のカラーにかかるトータル時間は1時間半〜2時間
  • カラーの放置時間は15分〜30分

美容室でカラーをするなら1時間半〜2時間位かかります。ちなみにカットカラーのトータル時間は2時間〜2時間半。

カラーの放置時間は15分〜30分で、長く置けばおくほど髪への負担は大きくなります。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連記事

新着記事

目次
閉じる