美容室の予約をとる手順:緊張しない電話の仕方を紹介

美容室の電話予約の仕方:聞かれるのはこの3つだけ

緊張する美容室の電話予約。「何を聞かれんだろう?」「ちゃんと伝えれるかな?」と不安になりますよね。

美容室側が電話で聞く3つの内容を紹介するので、この3つさえ準備しておけば大丈夫です。心配する必要はありませんよ。

是非、参考にしてください。




目次

美容室の電話予約の仕方

電話予約において、美容室が聞きたいのは3つ。

  1. メニュー
  2. 日時
  3. 担当者

これらを伝えられれば、まず大丈夫。もし、何かを伝え忘れても行った時に伝える、もしくはもう一度電話する。で対応するといいでしょう。

さあ、電話をかけてみよう。

1.予約をしたい旨を伝える

「予約をお願いします。」とだけ伝えましょう。

2.担当者の希望を伝える

美容室「担当のご希望はございますか?」

あなた「〇〇さんでお願いします。」もしくは、「ありません。」

3.希望日時を伝える

美容室「日時のご希望はございますか?」

あなた「○日の○○時でお願いします。」

美容室「申し訳ございません。ちょうど予約が埋めっておりまして。。」

となることが良くあります。日時は、第一希望、第二希望まで考えておくといいでしょう。

もし、第二希望もとれなければ、「スケジュールを確認してあらためます。」と伝え、いったん電話を切りましょう。そして、再度電話をしてみましょう。

4.名前を伝える

美容室「かしこまりました。では、お名前をお願いします。」

名前を伝えて完了です。このあと、予約の再確認をされると思います。

簡単じゃないですか?この3つのみ準備をしておけば大丈夫です。

ネット予約を活用しよう

みなさん、ご存知だと思いますがネット予約を活用するのもいいでしょう。

直前まで予約確認ができることや、キャンセルもネットから可能です。

緊張するなぁという心理的ストレスがかなり軽減できると思います。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連記事

新着記事

目次
閉じる