カラーシャンプーと普通のシャンプーを混ぜる時の注意点3つ

カラーシャンプーと普通のシャンプーを混ぜる時の注意点3つ

カラーシャンプーと普通のシャンプーを混ぜて使う方もいるかと思います。

理由は、「カラーシャンプーの泡立ちが悪いから」、「カラーシャンプーを節約したい」だったり様々。

今回は、「カラーシャンプーを混ぜて使う時に注意すべき点」について美容師が解説します。




目次

カラーシャンプーと普通のシャンプーを混ぜる時の注意点3つ

注意点1.洗浄力の強いシャンプーと混ぜない

カラーシャンプーは、髪にのせたまま数分間放置する使い方が一般的です。

洗浄力の強いシャンプーとカラーシャンプーを混ぜ合わせたものを髪の上で放置すると、髪のダメージや乾燥、頭皮トラブルの原因になることがあります

混ぜるなら、優しい洗浄力の低刺激なアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

あわせて読みたい
アミノ酸シャンプーのおすすめ人気ランキング10選【頭皮に優しい市販アイテムを美容師が厳選】
アミノ酸シャンプーのおすすめ人気ランキング10選【頭皮に優しい市販アイテムを美容師が厳選】

注意点2.ボトルに注ぎ足ししない

カラーシャンプーと普通のシャンプーを混ぜるのはOKです。

しかし、シャンプーボトルに直接継ぎ足すのはNGです。

配合量を間違えるとカラー色素が薄くなり、本来の目的である「髪に色をいれる」ということができなくなります。

混ぜるのであれば、使う時に手のひらで混ぜ合わせて使うようにしましょう。

注意点3.割合に気をつける

配合量ですが、1:1を限度にしましょう。

これは美容師である筆者の経験からのアドバイスになりますが、1:1以上薄めるとカラーが髪に入りません。

ブリーチを何回もしているオレンジ味が残っていない、白に近い髪は例外です。

あわせて読みたい
カラーシャンプーの上手な使い方と泡立るコツ3つ
カラーシャンプーの上手な使い方と泡立るコツ3つ「カラーシャンプーの使い方がイマイチわからない。」「カラーシャンプーが泡立たない。」そんな悩みを解決する記事です。美容師がカラーシャンプーの使い方とふわふわの泡をつくるコツを解説します。カラーシャンプーの効果を発揮させたいという方は是非ご覧ください。
あわせて読みたい
カラーシャンプーはいつから使うべき?頻度はどのくらい?
カラーシャンプーはいつから使うべき?頻度はどのくらい?カラーシャンプーはいつから使うべき?頻度はどのくらい?毎日使っても大丈夫?こんな質問を多く頂きます。その他、カラーシャンプーに関連する疑問にお答えします。

 

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

Amazonや楽天、ドラッグストア、サロンで購入できるカラーシャンプーの中から美容師が厳選したカラーシャンプーだけを紹介している人気記事も是非ご覧ください。

美容師おすすめのカラーシャンプー

関連記事

新着記事

目次
閉じる