クリームシャンプーのおすすめ人気ランキング10選【市販アイテムを美容師が厳選】

クリームシャンプーのおすすめ人気ランキング

泡立たないシャンプーで地肌と髪を洗い、髪の悩み(パサつき、くせ、広がり、白髪)や頭皮の悩み(フケ・かゆみ)にアプローチする。

そんな新しいコンセプトで注目を集めているクリームシャンプー。

今回は、ドラッグストアや薬局、Amazonなどの通販サイトで購入できる市販のクリームシャンプーを美容師が厳選して紹介します。

目次

クリームシャンプーとは

クリームシャンプーとは、その名の通りクリーム状で泡が立たないシャンプーのことです。

クリームを頭皮に馴染ませることで、メイクのクレンジングクリームのような仕組みで頭皮の汚れを落とします

髪や頭皮に負担をかけずに頭皮ケアができるという特徴があり、
高い保湿力とコンディショニング効果で髪の悩み(パサつき、くせ、広がり、白髪)や頭皮の悩み(フケ・かゆみ)にアプローチします。

また、コンディショナーやトリートメントをしなくてもいいので、お金と時間の節約にもなります。

クリームシャンプーの選び方

クリームシャンプーの選び方

クリームシャンプーを選ぶ時のポイントを紹介します。

  1. 頭皮ケア成分配合を選ぶ
  2. キューティクルケア成分配合を選ぶ
  3. 白髪予防にはヘマチン配合を選ぶ

1.頭皮ケア成分配合を選ぶ

頭皮の乾燥などの悩みがある方は、頭皮ケア成分を配合しているクリームシャンプーを選びましょう。

抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2k)がおすすめです。

カンゾウ(甘草)の根のエキスから得られる成分で、かゆみや炎症を抑制する作用があります。
古くから使われる抗炎症成分で、多くの化粧品に使われていて安心感がある有効成分です。

その他、頭皮のコンディションに関連する成分を紹介します。

頭皮の悩みにアプローチする成分

2.キューティクルケア成分配合を選ぶ

髪にツヤがない、乾燥してパサパサする、そんな悩みにはキューティクルをケアする成分を配合しているクリームシャンプーを選びましょう。

キューティクル剥離を抑える効果が期待できるユズ果実エキスやキューティクルをコートすることで髪にツヤ感を向上させる効果のあるゼイン、
髪のツヤを保つ加水分解コンキオリン、
その他γ-ドコサラクトン、スサビノリエキスなどのキューティクルをケアする成分をチェックしましょう。

毛髪補修成分をチェック

3.白髪予防にはヘマチン配合を選ぶ

白髪が気になるという方は、ヘマチン配合のクリームシャンプーを選びましょう。

ヘマチンには、メラニン色素をつくる酵素チロシナーゼを活性化させる効果(SCF 発現促進作用、TRP-1 発現促進作用)があり、白髪の予防に効果があるとされています。

そのほかにも、毛髪補修効果、抗酸化作用もあり、加齢による髪と頭皮に悩みがある方におすすめです。

クリームシャンプーのおすすめ人気ランキング10選

10位.ファンファレ わたしのきまり クリームシャンプー

ファンファレ わたしのきまり クリームシャンプー

出典:Amazon

アミノ酸やミネラルが豊富なはちみつ、コラーゲンに似た働きを持つパールエキス、キューティクルを補修するダマスクローズエキスが枝毛・切れ毛を修復。

ふけ防止にも効果的。アルガンオイル、アーモンドオイル、マカダミアナッツオイルをたっぷり配合。髪にうるおいを与え、乾燥によるダメージを修復。オリーブオイルで髪のキューティクルをコーティング。

殺菌効果のあるラベンダー、レモングラス、ローズマリーといった国産のオーガニックハーブをにおいを抑えます。汗をかいた日も安心です。

シリコンの他に合成着色料や合成化学物質も不使用。容器が使いずらいのが残念。

9位.ミムラ シックスマジッククリーム

ミムラ シックスマジッククリーム

出典:Amazon

独自の酵素(清浄成分リパーゼ)洗浄技術を使用した、泡立たないクリーム。

やわらかいクリームで、髪と頭皮に馴染み、髪全体にいきわたるさらっとした使い心地。

リピジュア(ポリクオタニウム-51)とプロパンジオールを配合、髪や頭皮だけでなく全身も保湿可能。

パラベンフリー・シリコンフリー・鉱物油フリー・合成着色料フリー

8位.スティーブン ノル クレンジングコンディショナー シャンプー

スティーブン ノル クレンジングコンディショナー シャンプー

出典:Amazon

ホワイトクレイ配合のクレンジング効果のあるクリームシャンプー。
地肌の過剰な皮脂よごれや毛穴の皮脂詰まりを吸着するホワイトクレイ配合。
頭皮のベタつき、毛穴の皮脂汚れが気になる方におすすめ。
硬くなった地肌を柔軟にし、マッサージにより血行促進をサポート。
植物由来のツヤ成分で、髪にうるおいとつやを与えます。

7位.405クレンジングコンディショナー

405クレンジングコンディショナー

出典:Amazon

加水分解シルクなどの贅沢な成分を配合クリームシャンプー。

ローズマリー葉エキス、アロエベラ液汁、カモミールエキス、そしてメントールなどがあり、美しい髪を保つのに必要とされる成分を贅沢に配合しているクリームシャンプー。

頭皮の保湿、髪の毛髪補修までできる優秀なクリームシャンプー。

ローズの香りが好みの方には特におすすめ、リラックスバスタイムを楽しんで。

6位.セグレタ 地肌も髪も洗える マッサージ美容クリーム

セグレタ 地肌も髪も洗える マッサージ美容クリーム

出典:Amazon

地肌と髪の美容液成分EX(ユーカリエキス・センブリエキス・ローヤルゼリーエキス・黄杞エキス・セラミドS(ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン)・乳酸・BG)を配合。
髪に根元からハリ・コシを与え、摩擦を抑えながら、皮脂・汚れをすっきり落とします。
爽やかなアロマティックローズの香り

5位.キッピス クリームシャンプー 森

キッピス クリームシャンプー

出典:Amazon

ノンシリコン・無添加のオールインワンクリームシャンプー。

北欧のフィトケミカル成分を配合した植物のエキスたっぷりのクリームシャンプー。

シリコン、パラベン、合成ポリーマー類、紫外線吸収剤、エタノール、法定色素、鉱物油、動物由来成分が無添加。

天然由来のローズマリーエキスやひまわり種子油なども配合。

森をイメージしたカレリアグリーンの香りも癒される。

4位.ロレアル パリ エルセーヴ ラクレム ラヴォン クレンジングクリーム

ラ クレム ラヴォン ラ クレム ラヴォン クレンジング クリーム しっとり

出典:Amazon

サンフラワー由来のクレンジングオイル、フラックス由来のコンディショニングオイル、ココナッツ由来のトリートメントオイル配合。
髪に馴染んでダメージから保護すると同時に保湿。
コンディショニング成分配合で、しっとり、するんと感動の指通りに。
みずみずしいガーデンシトラスの香り

3位.テラムス エデンの女神

テラムス エデンの女神

出典:Amazon

洗浄成分&乳化剤は全て植物由来でできていて、毛穴汚れまですっきり落とす。

髪のダメージを補修する15種の植物成分配合。パサつく毛先までしっとり包み込みます。

髪と地肌のことを考えて、シリコンフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー、着色料(タール色素)フリー、弱酸性。

楽園に生い茂る薄荷の香り

2位.洗えるヘアトリートメント Mee クリームシャンプー

洗えるヘアトリートメント Mee クリームシャンプー

出典:Amazon

髪の毛の主成分であるケラチン(羊毛ケラチン)配合で、髪をダメージから守りながら保湿。

クリームタイプで、頭皮や髪の毛の油分も補うことができます。 キューティクルを刺激しないので、カラーの退色も防ぎます。

洗浄力は、一般的なシャンプーと同等かそれ以上なので、汗やホコリ等の「水性汚れ」はもちろん、

毛穴につまった脂や落ちにくいスタイリング剤などの「油汚れ」にもなじんでしっかり落とします。

1位.KAMIKA 黒髪クリームシャンプー

白髪染め世代におすすめエイジングケアシャンプーカミカ

ヘマチン・メタリンを配合!90%以上が天然由来成分のクリームシャンプー。

髪にハリ・ツヤを与え、保湿する白髪世代におすすめです。

主な洗浄成分は赤ちゃん用の化粧品にも使われている「植物性の界面活性剤」。

泡立てる時の摩擦ダメージも軽減しながら頭皮マッサージしながらできます。

9種のボタニカルエキス(フケ・かゆみ予防)で配合。3種の海の恵み成分(汚れやニオイを落とす)配合。3種の天然オイル(ツヤを与え、手触りUP)配合。フルーツ幹細胞エキス&ハチミツ(ハリとうるおいを与える)配合。

そして、黒髪を作り出すメラニンの作用に働きかける「ヘマチン」「メリタン」配合。

パラベン、合成色素、紫外線吸収剤、鉱物油、ラウレス硫酸系洗浄剤無添加。

まとめ

人気のクリームシャンプーを厳選して紹介してきました。

選ぶ時のポイントは、頭皮と髪の悩みにあう成分を配合したクリームシャンプーがおすすめです。

お気に入りのクリームシャンプーを見つけてください。

参考文献:
手肌にやさしい毛髪洗浄剤の開発
アミノ酸誘導体型界面活性剤ラウロイル-β-アラニンの皮膚に及ぼす影響
美肌成分事典(64p)著者:かずのすけ 白野実
シャンプー、薬剤かぶれの症状・治療法【症例画像】
美しい髪の機構と毛髪の構造

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。
※エイジングケアとは、化粧品等に認められた効能・効果の範囲内で行う、年齢に応じた化粧品等によるケアという意味合いで使用しています。

関連記事

新着記事

目次
閉じる