ラウラミドDEAとは?安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

ラウラミドDEAとは?安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される「ラウラミドDEA」について解説します。

ラウラミドDEAの特徴を要約
  • 非イオン性界面活性剤(ノニオン界面活性剤)
  • シャンプーの泡立ちを良くする為に使われます
  • 増粘作用・乳化作用があります
  • 皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどなく安全性に問題はない
目次

ラウラミドDEAとは

ヤシ油やパーム油などを原料にした非イオン性界面活性剤(ノニオン界面活性剤)。

特徴

気泡性、増泡性に優れていて、シャンプーや洗顔料などの泡立ちを良くする為に使われます。

増粘作用・乳化作用があります。

ラウラミドDEAに洗浄力はほとんどなく、単体で使われずほかの洗浄成分の助剤として使用されます。

安全性・毒性

皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどなく、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられています。

ラウラミドDEA配合のおすすめシャンプー

まとめ

ラウラミドDEAは、シャンプーの泡立ちを良くする為に使われる非イオン性界面活性剤(ノニオン界面活性剤)。

泡立ちのいいシャンプーを探している方は、ラウラミドDEA配合シャンプーを選んでみるといいでしょう。

参考サイト:ラウラミドDEAとは…成分効果と毒性を解説

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

関連記事

新着記事

目次
閉じる