ラウレス硫酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

ラウレス硫酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される界面活性剤「ラウレス硫酸Na」について解説します。

ラウレス硫酸Naの特徴を要約
  • 高い洗浄力脱脂力を持つ
  • 泡立ちに優れている
  • 高級アルコール系に分類
  • 一般的に安全性に問題のない成分であるとされています

[no_toc]




目次

ラウレス硫酸Naとは

高級アルコールに分類される陰イオン(アニオン)界面活性剤です。

特徴

高い洗浄力と脱脂力を持ち、泡立ちに優れています。

ラウリル硫酸Naと同じように扱われますが、比較するとラウレス硫酸Naの方が残留性や皮膚刺激性が低いとされます。

安全性・毒性

皮膚刺激性やアレルギー性などはほとんどなく、安全性に問題のない成分であると考えられています。

シャンプーのように短時間で短時間の非連続使用として皮膚から完全に洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

参考サイト:ラウレス硫酸Naとは…成分効果と毒性を解説

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

シャンプーに使われる洗浄成分(アミノ酸系、高級アルコール系、石けん系)の特徴を洗浄力の強さ、泡立ち、刺激性をわかりやすくまとめています。成分表の見方についても解説します。

シャンプーに使われる界面活性剤の種類

関連記事

目次
閉じる