ラウロイルサルコシンNaの洗浄力や安全性・毒性について【アミノ酸系シャンプー成分解説】

ラウロイルサルコシンNaの洗浄力や安全性・毒性について【アミノ酸系シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される「ラウロイルサルコシンNa」について解説します。

ラウロイルサルコシンNaの特徴を要約
  • 洗浄力が高めのアミノ酸系洗浄成分
  • 脱脂力があり刺激性も残る
  • 泡立ちが良くて抗菌作用がある
  • 安全性に問題はない
目次

ラウロイルサルコシンNaとは

陰イオン(アニオン)界面活性剤のアミノ酸系洗浄成分です。アミノ酸系の中では比較的古い部類に入ります。

用途は幅広く、歯磨き剤からボディソープ、化粧品、家庭用洗剤などにまで使われています。

特徴

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが洗浄力が比較的高く、刺激がやや残ります。

脱脂力と殺菌作用があり気泡性も高いので、歯磨き粉などにも使われます。

泡立ちがよくて洗い心地が非常に良い洗剤ですが、洗浄力の強さが頭皮に負担になることも。

安全性・毒性

古くから(1940年代から)使用実績があり基本的には安全性は高いといえる。

しっかりと洗い流して使用すれば安全性に問題ない成分と考えられます。

ラウロイルサルコシンNa配合のおすすめシャンプー

ボタニスト ボタニカルシャンプー ダメージケア

BOTANIST ボタニスト ボタニカルダメージケアシャンプー

出典:Amazon

個性が強いダメージヘア向けシャンプー

泡立ちが良い洗浄成分で、洗っている途中も摩擦がなく心地よく洗えます

毛髪補修に関係する成分を贅沢に配合。ユズ果実エキス、ゼインなどキューティクルケア成分、補修成分のペリセア、他にも毛髪をしなやかにする成分を配合しています。

配合されている成分は素晴らしくいい。

ただ、香りはやや強めで好みが分かれるかなと思います。

仕上がりがしっとりするので、乾燥肌・乾燥毛におすすめです。

使い続けた時に頭皮のかゆみがでたので、敏感肌の方には不向きかもしれません。

ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト

ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト

出典:Amazon

乾燥毛向けのモイストシャンプー

グリセリンをメインに配合していて、かなりしっとり仕上がるので、好みが分かれます。

弱め強めバランス良く配合した洗浄成分で、泡立ちのいいシャンプーです。

植物由来のボタニカル成分を配合したシャンプーで3種類の毛髪補修成分(セラミドNG、ナノヒアルロン酸、ダイズ由来脂質)を配合。

髪の広がりを抑えたい方乾燥やパサつきが気になる方におすすめです。

Wフレグランス(アプリコット&ジャスミンの香り)香りの好みが分かれるところです。

まとめ

アミノ酸系界面活性剤の中では洗浄力が高めなラウロイルサルコシンNa。

泡立ちが良くて洗い心地もいい反面、刺激性もややあります。

メインの洗浄剤ではなく、補助的に配合されているシャンプーがおすすめです。(今回紹介したシャンプーは補助剤として配合されています。)

ラウロイルサルコシンNaの特徴を要約
  • 洗浄力が高めのアミノ酸系洗浄成分
  • 脱脂力があり刺激性も残る
  • 泡立ちが良くて抗菌作用がある
  • 安全性に問題はない

参考サイト:ラウロイルサルコシンNaとは…成分効果と毒性を解説

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

関連記事

新着記事

目次
閉じる