ラウリル硫酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される陰イオン性界面活性剤の「ラウリル硫酸Na」について解説します。洗浄剤の特徴や効果作用、安全性(毒性)、注意点についても紹介します。

ラウリル硫酸Naの特徴を要約
  • 高い洗浄力と脱脂力を持つ
  • 泡立ちに優れている
  • 陰イオン性界面活性剤
  • 皮膚刺激性がある
  • 分子が小さく残留性がしやすい
目次

ラウリル硫酸Naとは

陰イオン性界面活性剤の一つであるラウリル硫酸ナトリウム。ドデシル硫酸ナトリウムとも呼ばれます。

特徴

高い洗浄力と脱脂力を持ち、泡立ちに優れています。

洗浄剤として、シャンプーや歯磨き粉、ボディソープに使用されていますが、

肌への刺激になりやすい特徴があります。

また、分子が小さく残留性が高いため、日本のシャンプーではあまり利用されなくなっています

安全性・毒性・注意点

一般的な界面活性剤と同様に、皮膚や眼などに入った場合炎症を起こす可能性があります。眼に入った後は大量の水で洗い流す必要があります。刺激性皮膚炎を引き起こすということもわかっています。

まとめ

ラウリル硫酸Naは、高い洗浄力と脱脂力を持ち、泡立ちに優れています。

ラウレス硫酸Naと比較されますが、ラウリル硫酸Naの方が残留性が高いため、日本のシャンプーでは使われなくなってきています。

皮膚刺激性もあるため、敏感肌には不向きな洗浄剤だと考えられています。

ラウリル硫酸Naの特徴を要約
  • 高い洗浄力と脱脂力を持つ
  • 泡立ちに優れている
  • 陰イオン性界面活性剤
  • 皮膚刺激性がある
  • 分子が小さく残留性がしやすい

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
※安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

参考サイト:ラウリル硫酸ナトリウム - Wikipedia
ラウリル硫酸ナトリウム|日本医薬品添加剤協会
エマール 10PT | 花王ケミカル製品
職場のあんぜんサイト:化学物質:ドデシル硫酸ナトリウム
151-21-3・ドデシル硫酸ナトリウム・Sodium Dodecyl Sulfate・190-13982・192-13981・194-13985【詳細情報】|【ライフサイエンス】|試薬-富士フイルム和光純薬"

関連記事

新着記事

目次
閉じる