炭酸シャンプーの正しい使い方・頭皮ケアに最適な頻度とは?【美容師が解説】

炭酸シャンプーの正しい使い方・頭皮ケアに最適な頻度とは?【美容師が解説】

炭酸シャンプーを使いはじめたけど、効果的な使い方が知りたい。毎日使った方がいいの?こんな悩みを持つ人のために、この記事では、炭酸シャンプーの正しい使い方と頭皮ケアに最適な理想の使用頻度について解説します

頭皮の悩み・育毛・薄毛などの対策として炭酸シャンプーに興味を持ったという方は少なくないはず。頭皮ケアの効果が期待できるような使用方法と理想的な頻度を紹介します。

目次

炭酸シャンプーの正しい使い方

炭酸シャンプーの正しい使い方について解説します。

使い方のポイント
  • 容器をよく振る
  • 容器を立てた状態でだす
  • 頭皮マッサージをする
  • 泡パックをする
  • 入念に流す

手順①髪と地肌をしっかりと予洗いする

髪と地肌をしっかりと予洗いします。シャワーヘッドを頭皮に当てながら、片方の手で揉むように洗い流しましょう。毛先にもしっかりとお湯をため、髪についた汚れやスタイリング剤を洗い流しましょう。

髪についたホコリや汚れのほとんどは、お湯だけで落ちると言われています。

お湯の温度はぬるめの36〜38℃がベスト!お湯の温度が高すぎると、頭皮や髪の乾燥を引き起こし、頭皮トラブル(フケ・かゆみ・あかみ)になることも。また、ヘアカラーの色落ち原因にもなります。

手順②炭酸シャンプーの容器を振ってから立てた状態で適量をだす

炭酸シャンプーの容器を上下に振りましょう。きれいな泡を出すために大切な準備。そして、容器を立てた状態で泡をだしましょう。

※斜めに使用すると、最後まできれいに使えない場合があります。

手順③マッサージするように地肌を洗う

手全体を使って頭皮を大きく動かすように、マッサージしながら地肌を洗いましょう。頭皮をマッサージしながら洗うことで、地肌のコリをほぐしながら血流改善効果にもアプローチ。

頭皮を傷つけないように爪をたてず、指の腹と手のひら全体を使って頭皮を大きく動かすのがポイント。

参考:頭皮マッサージ/効果と方法|花王

手順④泡パックで栄養を浸透させる

マッサージを終えたら泡パック(泡がついた状態で2~3分放置)して栄養を浸透させます。

手順⑤入念に洗い流す

すすぎ残しがないよう入念に洗い流しましょう。フケや毛穴詰まりなどの頭皮トラブルの原因になるため、シャンプーはしっかりとすすぎましょう。特に、耳の後ろや襟足部分など、すすぎ残しが多い場所は入念に流しましょう。

手順⑥いつものヘアトリートメントで仕上げます

洗い流した後は、いつものヘアトリートメントを使って仕上げます。炭酸シャンプーによっては、トリートメント不要のタイプもあります。商品説明をよく読んで使用しましょう。

 炭酸シャンプーの効果的な使用頻度とは?

炭酸シャンプーの効果的な使用頻度は、ズバリ毎日です。一般的なシャンプーと同じように、毎日のヘアケア・スカルプケアとして利用するのをおすすめします。

毎日、使用するデメリットがあるとすればコストがかかることです。とはいえ、一般的なシャンプーとの値段差もそこまでなく(商品による)、トリートメントが不要のものあります。様々なヘアケアアイテムを使用するコストを考えると、炭酸シャンプー一本使いでケアしていくのもいいでしょう。

まとめ

炭酸シャンプーの使い方と使用頻度について解説してきました。基本的には、一般的なシャンプーと同じように使って頂いて問題ありません。容器をよく振る、立てた状態で出す。この2点に気をつけて使いましょう。

また、頭皮のマッサージと泡パックをすると炭酸シャンプーの効果をより引き出すことができるでしょう。是非、やってみてください。

関連記事

新着記事

目次
閉じる