オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される「ラウロイルサルコシンNa」について解説します。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの特徴を要約
  • 高い洗浄力を持ち、起泡性、泡切れ性に優れている
  • 脱脂力も強め
  • 一般的に安全性に問題のない成分であると考えられています
目次

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは

陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。

起泡性、泡切れ性に
優れた安全性の高い原料で、シャンプー等の香粧品原料として幅広く使用されております。

特徴

高い洗浄力を持ち、起泡性、泡切れ性に優れた洗浄成分です。

近年、硫酸系洗浄成分(ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na)の代替成分として利用頻度が増えています。

しかし、洗浄力はラウレス硫酸系とそう変わらないというデータも。

安全性・毒性

40年以上の使用実績があり基本的には安全な成分と考えられています。

シャンプーのような短時間で洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na配合のおすすめシャンプー

ラサーナ プレミオール シャンプー

ラサーナ プレミオール シャンプー

カラーやパーマによる髪のダメージが気になる方に

アミノ酸系洗浄成分とフランス・ブルターニュ産海泥の力で髪や頭皮に詰まった皮脂汚れを吸着し取り除きます

オーガニック認定を受けた植物オイル(セロリ種子エキス、マルラオイル、ブドウ種子エキス、シュガースクワラン)が頭皮の油分バランスを整え、フケやかゆみといったトラブルを防ぎます

髪を滑らかにする成分を配合し、髪にツヤと潤いを与え、乾燥によるパサつき、うねりをコントロールしやすい髪へと導きます

3種の天然精油をブレンドした香りも人気の秘訣。

ナロウ ディープ モイスト シャンプー

ナロウ ディープ モイスト シャンプー

出典:Amazon

キメ細かい泡立ちと香りの良さが人気のシャンプー

洗浄力が高めのオレフィン系とアミノ酸系洗浄成分を配合。

弾力のあるきめ細やかな泡が、摩擦やきしみを抑えながら包み込み、地肌と髪の汚れをやさしくオフ。

頭皮や髪のベタつきが気になっているという方にはちょうど良い洗浄力だが、乾燥肌や乾燥毛の方には脱脂力が強すぎる。

抗酸化作用で紫外線から髪を守る「フラーレン」・キューティクルを修復する「2種のケラチン」を配合。

華やかでやさしいリラックスピオニーの香り。リラックスバスタイムに。

コーセー ジュレーム アミノ アルゲリッチ シャンプー ディープモイスト

.コーセー ジュレーム アミノ アルゲリッチ シャンプー ディープモイスト

出典:Amazon

1mlあたり1.5円と低価格なアミノ酸シャンプー

「弱い洗浄力」と「強い洗浄力」を組み合わせたバランスの良い洗浄成分。

泡立ちが非常に良いので、洗っている最中の指通りが良くてストレスなく洗えます

強めの甘い香りは好みが分かれるところ。香り好きにはおすすめです。

高い保水効果があると言われている「グリセリルグルコシド」を配合しています。仕上がりは、潤いのあるサラサラな手触りです。

まとめ

高い洗浄力を持ち、起泡性、泡切れ性に優れている特徴を持ちますが、脱脂力もあります。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naをメインにしているシャンプーよりも、マイルドなアミノ酸系洗浄成分と併用して配合しているシャンプーがおすすめです。

参考サイト:オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ株式会社:α-オレフィンスルホン酸塩

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

関連記事

新着記事

目次
閉じる