オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される「ラウロイルサルコシンNa」について解説します。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの特徴を要約
  • 高い洗浄力を持ち、起泡性、泡切れ性に優れている
  • 脱脂力も強め
  • 一般的に安全性に問題のない成分であると考えられています
目次

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは

陰イオン界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。

起泡性、泡切れ性に
優れた安全性の高い原料で、シャンプー等の香粧品原料として幅広く使用されております。

特徴

高い洗浄力を持ち、起泡性、泡切れ性に優れた洗浄成分です。

近年、硫酸系洗浄成分(ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Na)の代替成分として利用頻度が増えています。

しかし、洗浄力はラウレス硫酸系とそう変わらないというデータも。

安全性・毒性

40年以上の使用実績があり基本的には安全な成分と考えられています。

シャンプーのような短時間で洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na配合のおすすめシャンプー

まとめ

高い洗浄力を持ち、起泡性、泡切れ性に優れている特徴を持ちますが、脱脂力もあります。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naをメインにしているシャンプーよりも、マイルドなアミノ酸系洗浄成分と併用して配合しているシャンプーがおすすめです。

参考サイト:オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは…成分効果と毒性を解説
ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ株式会社:α-オレフィンスルホン酸塩

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

関連記事

新着記事

目次
閉じる