美容師のおすすめヘアバームランキング13選【人気のスタイリング剤を厳選】

美容師のおすすめヘアバームの人気ランキング

美容師がおすすめするヘアバームランキングを紹介します。ドラッグストアや薬局、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの通販サイトで購入できる市販アイテム、美容室で購入できるサロンアイテムの中から厳選。濡れ髪やウェットに最適なヘアバーム。ヘアセット・スタイリングがしやすく、操作性のいいヘアバームがラインナップ。ヘアバーム選び方や使い方も紹介しているので、是非ご覧ください。

目次

ヘアバームの選び方

ヘアバームの選び方
  1. 髪の長さ・スタイルから選ぶ
  2. 香りから選ぶ
  3. 価格から選ぶ

①髪の長さ・スタイルから選ぶ

ショート〜ボブは硬めのテクスチャーを選ぶ

ショート〜ボブは硬めのテクスチャーを選ぶ
LALA


ショート〜ボブの長さで動きをだしたい、結んでアレンジしたいという場合、少し硬めのヘアバターを選ぶのがおすすめ。

少し硬めのヘアバターは、揉み込んでつけたり、毛先を摘んでつけたりする使い方に適しています。

硬めのヘアバターは、手を合わせて温めてから髪に付けるようにすると使いやすいですよ。

ミディアム〜ロングは柔らかめのテクスチャーを選ぶ

ミディアム〜セミロングは柔らかめのテクスチャーを選ぶ
LALA

ミディアム〜ロングの長さは、手ぐしを通しながら付けることに適した、やわらかいヘアバームがおすすめです。

硬めのテクスチャーだと、髪が引っかかり絡まりやすくなります。オイルを付けるような感覚で付けることのできる、やわらかめのヘアバターを選ぶといいでしょう。

②香りから選ぶ

好きな香りでヘアバターを選ぶのもいいでしょう。

柑橘系の香り、甘い香り、ハーブの香り、ヘアバターによって香りが違います。

ブランドによっては、香り違いの数パターン販売しているものもありますよ。

③価格から選ぶ

ヘアバームには1,000円以下のものから、2〜3,000円のものまで幅広く販売されています。選ぶ時のポイントは、内容量に対しての価格を確認すること

また、種類によって少量だけでも髪全体に行き渡る伸びの良いものもあります。口コミなどを良く確認し、ご自身のお財布と相談して選びましょう。

美容師のおすすめヘアバームランキング13選【人気のスタイリング剤を厳選】

1位.ザ・プロダクト ヘアワックス 

ザ・プロダクト ヘアワックス 

出典:Amazon

「ザ・プロダクト ヘアワックス 」は、天然由来成分からできていて、オーガニックシアバターをベースにビーズワックスなどを配合した濡れ髪スタイリングに適したヘアバームです。

髪だけでなくリップ、ハンド&ネイル、ボディーも保湿ケアができます。

やや硬めのテクスチャーなので、ショート〜ボブのセットに適しています前髪長めのセンターパートショートやアンニュイパーマなどにもおすすめ。

ナチュラルなタンジェリンエッセンシャルオイルを使用した柑橘系の爽やかな香り。香り違いでローズ、ネロリの3種類が販売されています。

テクスチャーやや硬い
成分ジメチコン、ミネラルオイル、シア脂、(モリンガ油/水添モリンガ油)エステルズ、ヒマワリ種子ロウ 、ホホバ油、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)
香り柑橘系の爽やかな香り

2位.ルベル モイ バーム ウォークインフォレスト

ルベル モイ バーム ウォークインフォレスト

出典:Amazon

「ルベル モイ バーム ウォークインフォレスト」は、なめらかなテクスチャーで髪馴染みも良く、ベタつきがない優秀なヘアバームです。

自然由来成分100%シリコーンフリーのマルチ美容バーム。全身に使えるので、髪につけた後ハンドクリームのように使うこともできます。
潤い感がありながら軽さもあるので、付ける量を変えてスタイリングを楽しめます。

柔らかなテクスチャーなので、どんな髪型にも使いやす。髪に馴染ませれば、簡単にウェットで濡れたような質感や束感をだすことができます。

テクスチャー柔らかい
成分シア脂、ミツロウ、シア脂エチルエステルズ、アーモン油
香りアロマティックウッディの香り

3位.ミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム 

ミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム

出典:Amazon

ミルボン「ジェミールフラン メルティバターバーム シアーバター」は、シアーバターを加えた植物性バターのダブル配合のヘアバーム。

濡れ髪ヘアはもちろん、ヘアセットや髪のまとまりを良くするのにも使いやすいのが特長。シリコンベースなので、手触りが滑らかなになり、さらさら感が増します。

広がりやクセを、よりしっとりおさめたい方におすすめ。夜のまとまりを朝まで維持できる洗い流さないトリートメントとしても使用可。手の温度で溶かしてから付けると髪馴染みがいいですよ。
シアーバターを加えた植物性バターのダブル配合。

テクスチャー柔らかい
成分ジメチコン、ミネラルオイル、シア脂、(モリンガ油/水添モリンガ油)エステルズ、ヒマワリ種子ロウ 、ホホバ油、カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)
香りつけたて、ドライ中、ドライ後で変化していくピオニーの香り。

4位.ダヴィネス オーセンティック バター

ダヴィネス オーセンティック バター

出典:Amazon

「ダヴィネス オーセンティック バター」は、全身に使える保湿効果のあるオーガニッククリームです。柔らかなテクスチャーで髪に馴染みやすく、揉み込むだけでスタイリングが決まる。髪に自然なツヤとまとまり感がでます。

ショート〜ロングまで幅広いレングスに使えるアイテムです。特に、乾燥しやすいパーマヘアにも適していて、オイルと混ぜて使うと1日ウェット感をキープできる。

スタイリング目的だけでなく、トリートメントとしても使用できます。シャンプー前に髪に揉み込んで5〜10分程時間を置くだけでOK。

レモン、ベルガモット、マンダリン、ユーカリ、ゼラニウム、シダーウッドローズ、ネロリ、オレンジブロッサムの香り。

テクスチャー 柔らかい
成分ホホバ種子油・サフラワー油・ゴマ種子油・シア脂・ヒマワリ種子油
香りレモン、ベルガモット、マンダリン、ユーカリ、ゼラニウム、シダーウッドローズ、ネロリ、オレンジブロッサムの香り

5位.ミリ クリームバター

ミリ クリームバター

「ミリ クリームバター」は、溶けるような、ふわっと柔らかいテクスチャーのバーム。軽い仕上がりで、バター初心者や軟毛の方のアレンジにもオススメです。

軽い質感のヘアバターで細毛・軟毛にも適度な束感を作れるのが特徴。スタイリングが上手になったと錯覚するような、どんなレングスにも使えるヘアバターです。

ほんのりビターで甘いナチュラルな香り。全身にも使えます。

SPF10 PA+

テクスチャー柔らかい
成分シア脂、水添ホホバ油、ホホバエステル、コメヌカ油、ドデカン、ヒマワリ種子ロウ、フサアカシア花ロウ、マカデミアナッツ油
香りほんのりビターで甘いナチュラルな香り

6位.ナプラ N.(エヌドット) ナチュラルバーム

ナプラ N.(エヌドット) ナチュラルバーム

大人気ヘアケアシリーズ「エヌドット」の「ナプラ N.(エヌドット) ナチュラルバーム」は、濡れ髪ヘアに最適なバームです。

シアバターなどの天然由来成分だけで作られた、肌にも使えるマルチユースなバーム系スタイリング剤。

ツヤとナチュラルな束感を表現します。
やや硬めのテクスチャーで、動きのあるスタイリングやまとめ髪にもおすすめです。

適量を手のひらにとり、よくのばしてオイル状にしてから髪にもみ込むようになじませてスタイリングします。手に残ったバームは保湿のハンドクリームとしても使えます。

個人的には新作フレーバー「セージ&クローブの清々しいウッディ調の香り」が好みです。

テクスチャー少し硬め
成分シア脂、ホホバ種子油、ミツロウ、シア脂油、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、アルテミシアパレンス花/葉/茎油
香りマンダリンオレンジ&ベルガモットの香り
/セージ&クローブの清々しいウッディ調の香り

7位.rolland O-WAY プレシャス ワックス

rolland O-WAY プレシャス ワックス

「rolland O-WAY プレシャス ワックス」は、髪に栄養を与えながら、高い光沢感をもたらすバーム状のワックスです。

少し硬めのテクスチャーで動きのあるスタイリングに最適で、ニュアンスのあるスタイリングを作れます。ダメージ毛や乾燥毛で毛先のまとまりのないヘアスタイルに。

保護力があり、栄養を与える配合で、一日中毛髪を保護し、湿度に対して防御し、スタイルを長持ちさせます。

ハンドクリームやリップクリーム代わりにもご使用いただけます。

また、パッケージにもこだわりをもち、ガラス瓶とアルミチューブを採用。

高級感を演出するだけでなく、製品の安定性と保存性を確保。100%リサイクル可能で、環境性能にも優れています。

なんと言っても香りが良いんです。使うモチベーションを高めてくれます。

テクスチャーやや硬め
成分ヒマシ油、水添ヒマシ油、カルナウバロウ、シア脂、オレンジ果皮油、バニラ果実エキス、セイロンニッケイ葉油、、
香りビターオレンジ、バニラのハーモニーがやさしく包み込みます。

8位.bojico オーガニック ワックス セラム

bojico オーガニック ワックス セラム

出典:Amazon

「bojico オーガニック ワックス セラム」は、しっとりとした質感の全身使えるヘアバームです。

髪に馴染みやすく、しっとりとした質感に仕上がります。
くせでかみが広がる、乾燥するという方におすすめです。
ストレートにブローする前のベース剤として、パーマの動きをだす時にも使える万能バーム。
洗い流さないトリートメントとしても使えるのが嬉しいポイント。
種類があって香りを選ぶことができます。

テクスチャー中程度
成分ホホバ種子油、アンズ核油、ミツロウ
香り柑橘系の爽やかさのなかにフローラルの甘さを感じます。

9位.LILAY リレイ トリートメントバーム

LILAY リレイ トリートメントバーム

出典:Amazon

「LILAY リレイ トリートメントバーム」は、天然由来成分95%配合で全身に使えるマルチバーム。

どんな髪の長さでも使いやすいヘアバーム。ショートはもちろん、ボブ~ロングまで幅広く使え、ヘアアレンジやベースの質感作りにも最適です。サラッとした軽いつけ心地なので、髪にもお肌にも一日中 ストレスフリーな使用感。

朝のヘアスタイリングにはもちろん、夜のトリートメントにも使えるのは嬉しいポイント。植物由来の天然成分から作られているため、敏感肌の方やお子様にもお使い頂けます。
ベタつきのない柔らかなテクスチャー。ラベンダー、オレンジ果皮などを含む柑橘系の香り。

テクスチャー柔らかい
成分シア脂、オリーブ果実油、ミツロウ、カルナウバロウ、ホホバ種子油
香りラベンダー、オレンジ果皮などを含む柑橘系の香り。

10位.アロマキフィ オーガニックバター ウェットスムース

アロマキフィ オーガニックバター ウェットスムース

出典:Amazon

「アロマキフィ オーガニックバター ウェットスムース」は、オーガニック認証のシアバターやホホバオイルをはじめ、天然由来原料95%以上でできているヘアワックス。

まとめ髪や束感あるのスタイリングにウェットなツヤ感を与えます。溶けると髪に馴染みやすいテクスチャーに変わり、使いやすい。時間が経つとベタつきが少し気になる。

髪のスタイリングはもちろん、ハンドクリームやリップケア、ボディケアなど全身の保湿にも使えます。

テクスチャー
成分ミツロウ、スクワラン、ハイブリッドサフラワー油、シア脂、ホホバ種子油
香りベルガモットやラベンダーをブレンドしたアロマティックシトラスローズの香り

11位.無印良品 ヘアバーム

無印良品 ヘアバーム

出典:Amazon

「無印良品 ヘアバーム」は、天然由来原料のみでつくられたヘアバーム。うるおいを与え、まとまりのある髪に仕上げます。

硬いテクスチャーのヘアバームなので、手に溶けるまで少し時間がかかるのが難点。ヘアバームにしては軽い仕上がりでした。

1,000円以下で手に入れたい方にはおすすめです。香りは、柑橘系の香りです。

テクスチャー硬め
成分水添パーム油、パーム核油、パーム油、ヒマワリ種子油、ユーカリ葉油
香り柑橘系

12位.ボタニスト ボタニカルヘアバーム 

ボタニスト ボタニカルヘアバーム

出典:Amazon

「ボタニスト ボタニカルヘアバーム 」は、朝夜のどちらにも使えるヘアバームです。夜のまとまりを朝まで維持できる洗い流さないトリートメントとして、ウェットな質感にするスタイリング剤として使用することができます。

シアーバターを加えた植物性バターのダブル配合。とろけるテクスチャーで肌や髪に馴染みやすく、つける量を調整すれば理想のウェットスタイルにドラッグストアで手に入れたいならボタニストおすすめです。

テクスチャーやや柔らかい
成分シア脂、アーモンド油、ミツロウ、メドウフォーム油、ホホバ種子油、コメヌカロウ、アストロカリウムムルムル種子脂、
香りレモングラスとゼラニウムの香り

13位.ダイアンボヌール オーガニック ヘアバーム 

ダイアンボヌール オーガニック ヘアバーム 

出典:Amazon

「ダイアンボヌール オーガニック ヘアバーム 」は、100%天然由来成分でできた全身に使えるヘアバームです。

ヘアケア・スタイリングだけでなく、保湿バームとして全身のスキンケアにも幅広く使えます。サラッとベタつかないシアバターとゴールデンホホバオイル配合こだわりの香りで使うたびに心地よいリラックスタイムを演出

テクスチャー柔らかい
成分シア脂、ホホバ種子油、ミツロウ、ヒマワリ種子油
香りゼラニウムとラベンダーの香り

ヘアバームの使い方

①パール大の量を手にだす

パール大の量を手にだします。人差し指の外側でバームを削るようにとるのがコツ。

一度に大量に使うと、部分的にベタつくことがあるので注意しましょう。

②手と指の間までしっかりと馴染ませる

手の体温で温めながら手と指の間までしっかりと馴染ませましょう。

温まるとバームがオイル状になります。

固まったヘアバームは、ドライヤーで温めると溶けて使いやすくなります。

③髪の内側から手を入れる

髪の内側から付けましょう。耳後ろから手を入れて、内側につけるとつけやすいです。

外側や前髪から付け始めると、ヘアスタイルの持ちが悪く崩れやすくなります。

内側→外側→前髪の順番でつけましょう。

④コーミングか手ぐしで整える

全体につけたらコーミングをして毛流れを整えましょう。

前髪分け目、襟足、などを整えたら完成。

ヘアバームに関するQ&A

ヘアバームとは

ヘアバームとは、ミツロウなどの脂質を原料にした、半固形状のヘアセット用のスタイリング剤のことです。

オイル系の原料なので、少量でツヤ感がでて、多めに付けると濡れ髪質感をだすことができます

植物由来の成分が多く配合されているので、ボディー&ハンドクリームとしても使える優れものです。

ヘアバームとワックスの違い

セット力がなく、ウェットな質感と束感をだすことができるヘアバーム

ヘアワックスは、セット力があり動かした毛先をホールドしてくれるスタイリング剤です。

ソフト、ミディアム、ハードとセット力の強さにも種類があります。ファーバーやクレイ、グリースなどのテクスチャーにも種類があります。

まとめ

髪だけでなく全身の保湿に使うことができるヘアバーム。スタイリング剤では肌荒れするけど、天然由来成分でできたヘアバームなら使うことができるという敏感肌の方にも人気です。

髪型に合わせて選ぶことが大切です。また、好きな匂いであるかも重要なので、どんな香りなのかの説明もチェックしましょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!




目次
閉じる