ファンデーションがムラ(鱗)になる原因:正しい塗り方を解説

ファンデーションのムラ(鱗)ができる原因について、メイク下地、ファンデーションの正しい塗り方について解説します。

塗る量や塗る時の力加減、順番など基本的な内容なので、いつものメイクを見直すつもりで参考にしてください。




目次

ファンデーションのムラの原因

ファンデーションのムラになる原因について解説します。

原因1.一度に沢山の量を塗ってしまう

一度に沢山のファンデーションをつけようとするとムラになってしまいます。

少量を伸ばしながら重ねて塗っていくことで均一につけることができます。

原因2.ファンデーションを塗る時に力を入れすぎている

ファンデーションを肌にのせる時に、強めの圧力で塗り込んでいませんか?

毎日メイクをしていると、知らないうちに力が強くなっているという事はよくあります。

肌の上を滑らせるように塗るのが正解です。

伸ばしたファンデーションを優しくぼかしていくイメージです。

原因3.重ね塗りしすぎている

ファンデーションの塗る順番を決めていないと、同じ所を何度も塗ってしまい、重ね塗りしすぎるということがあります。

塗る順番を決め外側に向かって伸ばしていくことを基本とする。

そして、最後に小鼻、口角、目元のキワなどを塗っていくなど、メイン→パーツなど順番を決めておくといいでしょう。

原因4.色選びがあっていない

ファンデーションの色選びができていないと、ファンデーションが少しでも落ちるとムラっぽくなります。

ファンデーションの色選びの基本は、首の色に合わせることです。

原因5.下地が均一に塗れていない

下地にも色々と種類がありますが、どんな下地でも均一に塗ることが大切です。

塗りムラがあるとファンデーションもムラになります。

特に、フェイスラインや小鼻、口角、目のキワなどに溜まっていないかをチェックし、最後にハンドプレスをしてなじませます。

ファンデーションの正しい塗り方

メイク下地の塗り方

下地を綺麗に塗ることで、ムラなくファンデーションが塗ることができ、メイクのキープ力も上がります。

基本となるベースの塗り方から解説します。

  1. メイク下地を両頬、額、あご先、鼻筋の5点におきます。
  2. 面積の広いほおから伸ばします。指の腹を使って、顔の中心から外側に向かって伸ばしましょう
  3. 額は中央から生え際に、鼻すじは上から下に、あご先はフェイスラインに沿ってなじませます。
  4. よく動かす目の周り、口角は、最後に仕上げて薄づきに。

参考動画:

ファンデーションの塗り方

  1. 頬の高い所からスタート。トントンとのせて、その後ブラシを滑らせながら顔全体につけます。
  2. ブラシを小さな円を描くようにくるくるさせると、毛穴までしっかりと塗れます。
  3. 目元、口元、小鼻は、残ったファンデーションを使います。動きがある部分なので薄めに塗ります
  4. 小鼻は、ブラシを回転させるようなイメージでなじませます。
  5. 顔全体に手のひらでおおってハンドプレスをします。均一につくようになじませます。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

ファンデーション人気ランキングでは、美容のプロがファンデーションを厳選して紹介しています。
「本当に良いもの、使えるもの」を簡単に見つけられて、すぐに購入できるようなページにしています。

ファンデーションランキング

関連記事

新着記事

目次
閉じる