【化粧品】オールインワンジェルの正しい使い方・塗り方

オールインワンジェルの正しい塗り方

オールインワンジェルの正しい塗り方について解説します。

目次

オールインワンジェルとは

オールインワンジェルとは

オールインワンジェルとは、化粧水・乳液・美容液・シートマスクなどの複数の機能をもつ化粧品のこと。一つでスキンケアの全てを行うことができることが最大のメリットです。

ジェル・ジェルクリームなどの形状に種類があり、容器にもジャータイプやチューブタイプと種類があります。

オールインワンジェルの正しい使い方・塗り方

手順
適量を手にとり、頬、額、口の周りにジェルをのせます

オールインワンジェルを付ける時に、頬や口の周りは乾燥しやすいので多めに、額は皮脂分泌の多い場所なので少なめに塗布するのがポイントです。

適量は製品によっても異なるので、基本的には説明にしたがってください。

手順
顔の内側から外側に向かって優しくなじませます

顔の内側から外側に向かって、下から上に向かってなじませるのがスキンケアの基本です。

顔の中心から、こめかみに向かって行くようなイメージです。

毛穴までしっかりと浸透し、リンパの流れも良くなります。

手順
口の周り、頬、目元は乾燥しやすいので重ねて塗布してもOK!

乾燥しやすい部分(口の周り、頬、目元)には、重ね付けする事で乾燥を防ぐことができます。

手順
小鼻の隙間や、首回りなど塗り残しやすい場所も忘れずに

小鼻、首回り、フェイスライン、口角などの塗り残しやすい部分も忘れないように塗りましょう。

オールインワンジェルの効果を引き出すコツ3つ

オールインワンジェルの効果を引き出すコツ3つ

1.清潔な手で塗る

オールインワンジェルを手に出す時には、スパチュラなどを使い清潔に保ちましょう。

ジェルを指で手に出すと、雑菌が繁殖する原因となります。

チューブやポンプの製品は、清潔な状態を維持する為に、アルコールで除菌したりしてください。

そして、肌につける前に手を洗い、清潔な手で塗布しましょう

2.お風呂上がりにすぐに塗布する

お風呂上がりは、肌に水分を含んだ状態で温度も高く、スキンケアをするのに最適な肌状態です。

すぐにオールインワンジェルを付ける事で、肌への浸透がよくなります。

3.手の温度で浸透をよくする

オールインワンジェルをつけた後、手のひらで顔を包み込み、ハンドプレスをします。

手の温度と少しの圧力で、肌への浸透を促進することができます。

強すぎるハンドプレスは、かえって逆効果なので気をつけましょう。

オールインワンジェルはいつ使う?

オールインワンジェルを使うのはいつがベストなのか?

朝と夜のスキンケアに使う

朝のスキンケア、夜のスキンケアでオールインワンジェルを使用するのがおすすめです。

化粧水も合わせて使う場合の塗る順番

化粧水も合わせて使いたい場合は、洗顔→化粧水→オールインワンジェルの順番でつけます。

オールインワンジェルには化粧水成分も含まれるので、化粧水をつける必要はありません。

美容液も合わせて使う場合の塗る順番

美容液をつける場合は、洗顔→美容液→オールインワンジェルという順番で使うと美容液の浸透がよくなるでしょう。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連記事

新着記事

目次
閉じる