クレンジングミルクの上手な使い方:乳化のやり方

スキンケアの基本であるメイク落とし。その中でもクレンジングミルクは肌にとっても負担が少なく使えると人気を集めています。しかしながら、使い方を間違っていたり、上手に使えていない場合には、肌へのリスクとなりかねません。この記事では、クレンジングミルクの上手な使い方、乳化のやり方について解説していきます初めて使うという方はもちろん、既に使っている方も参考にして頂ければ幸いです。是非、ご覧ください。

目次

クレンジングミルクの上手な使い方

クレンジングミルクの上手な使い方を解説します。基本的には、商品の使用方法に従ってご使用ください。

STEP
アイメイクをポイントメイクリムーバーで落とす

アイメイクをしている場合は、ポイントメイクリムーバーでアイメイクを落としましょう

リムーバーをコットンにたっぷり浸み込ませ、目元にのせて1分程度待ってから、コットンを優しく滑らせるようにして落としてください。コットンとの摩擦に気をつけましょう。

STEP
手にクレンジングミルクをとり、手のひらで温める

手のひらに適量(500円玉くらい)のクレンジングミルクを出し、手のひらを合わせて温めます。

温めるのは大切なポイントで、温めることで肌への馴染みが良くなります。

この時、乾いた状態の手に出しましょう。

STEP
Tゾーン→Uゾーンの順でなじませる

皮脂の多い額から鼻にかけてのTゾーンを先に馴染ませます。

その後、顎、頬のUゾーンに馴染ませます。 

手の摩擦に気をつけて、クレンジングミルクが透明になるまで優しく円を描くようにして全体に馴染ませます

STEP
ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯(30〜32度くらい)を洗い流します。

お湯の温度が高すぎると、肌に必要な油分まで取ってしまい、乾燥肌を引き起こす恐れがあります。

逆に冷たい水だと、毛穴をふさいでしまいクレンジングミルクが落ちきらず、肌荒れの原因となることもあるので気をつけましょう。

STEP
よく泡立てた洗顔料で洗顔する

クレンジングミルクが肌に残っていることもあるので、クレンジング後は洗顔をします。

しっかりと泡だててから、泡で優しく洗い上げます。洗顔のポイントは泡で洗うこと、指が肌につかないようにしてください。

すすぎは、前髪や生え際、顎下など泡の洗い残しに気をつけましょう。

STEP
タオルで優しく水分を取る

優しくタオルで水分を取るように拭きましょう。ゴシゴシこすったりしないように注意しましょう。

クレンジングミルクの乳化のやり方

クレンジングミルクの乳化方法について解説します。商品によって必要なもの不必要なものがありますので、使用方法などの説明などに記載がありますので、基本的にはそちらに従いましょう。

手順①乾いた手にクレンジングミルクをだす

乾いた手にクレンジングミルクを適量だし、手のひらで温めます。その後、顔に馴染ませ、メイクを優しく落としていきます。

手順②少量の水を手に出す

少量(2〜3滴)水を手にだします。すると、クレンジングミルクが白く濁り、サラサラな状態になります。同様に顔全体に馴染ませたクレンジグミルクを乳化していきます。

水の量が多いと乳化できないので注意しましょう。まずは2〜3滴の水を馴染ませるところからはじめるのがコツ。

手順③ぬるま湯で洗い流す

その後、ぬるま湯で洗い流しましょう。熱いお湯だと肌の乾燥を招くので、ぬるま湯で流しましょう。

まとめ

クレンジングミルクの上手な使い方を解説してきました。メイク落としは肌にとってリスクとなることもあるので、基本のやり方をマスターしましょう。

※記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

参考サイト:【動画でレッスン】スキンケア「メイク落とし」の方法 | 美容の情報 | ワタシプラス/資生堂
花王 | スキンケアナビ | 上手なメイクの落とし方

おすすめ記事

新着記事

目次
閉じる