泡洗顔料のおすすめランキング14選【人気の市販アイテムから厳選】

泡洗顔フォームのおすすめランキングを紹介します。ドラッグストアや薬局、Amazonなどの通販サイトで購入できる市販アイテムから厳選。泡洗顔の理想的な頻度や回数、正しい使い方についても解説します。是非、ご覧ください。

目次

泡洗顔料の選び方

  1. 肌質に合わせた洗浄成分を選ぶ
  2. 肌悩みに合わせた成分を選ぶ

①肌質に合わせた洗浄成分を選ぶ

脂性肌には石けん系洗浄成分

石けん系洗浄成分は、洗浄力が高く、泡立ちも良くてさっぱりとした洗い上がりが特徴です。皮脂汚れが気になる脂性肌・オイリー肌の方にぴったりです。

ただ、刺激も強いので敏感肌の方は気をつけた方が良いです。

石けん系洗浄成分
  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • パルミチン酸
  • ステアリン酸

乾燥肌にはアミノ酸系洗浄成分がおすすめ

アミノ酸形洗浄成分は、マイルドな洗浄力で肌のうるおいが流出しにくいのが特徴です。皮膚への刺激も少ないので、お肌に優しく、乾燥が気になる方におすすめです。

アミノ酸系シャンプーなどで使われる洗浄成分と同じです。

ただ、泡立ちが弱めで洗い上がりにヌルつきがあるのデメリットもあります。

アミノ酸系洗浄成分
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルグリシンK

①肌質に合わせた洗浄成分を選ぶ

脂性肌には石けん系洗浄成分

石けん系洗浄成分は、洗浄力が高く、泡立ちも良くてさっぱりとした洗い上がりが特徴です。皮脂汚れが気になる脂性肌・オイリー肌の方にぴったりです。

ただ、刺激も強いので敏感肌の方は気をつけた方が良いです。

石けん系洗浄成分
  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • パルミチン酸
  • ステアリン酸

乾燥肌にはアミノ酸系洗浄成分がおすすめ

アミノ酸形洗浄成分は、マイルドな洗浄力で肌のうるおいが流出しにくいのが特徴です。皮膚への刺激も少ないので、お肌に優しく、乾燥が気になる方におすすめです。

アミノ酸系シャンプーなどで使われる洗浄成分と同じです。

ただ、泡立ちが弱めで洗い上がりにヌルつきがあるのデメリットもあります。

アミノ酸系洗浄成分
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルグリシンK

②肌悩みに合わせた成分を選ぶ

ニキビには抗炎症・殺菌成分配合を選ぶ

ニキビで悩んでいるなら、抗炎症作用成分や殺菌成分を配合している洗顔料を選びましょう。

抗炎症作用があるとニキビの炎症を防ぐ効果が期待でき、殺菌成分はアクネ菌を殺菌し、思春期ニキビの悪化・再発予防に役立ちます。

抗炎症作用成分
  • グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • アラントイン
  • ε-アミノカプロン酸
抗炎症作用成分
  • イソプロピルメチルフェノール
  • 塩化ベンザルコニウム
  • サリチル酸
  • イオウ

毛穴・皮脂汚れには酵素・クレイ配合を選ぶ

毛穴・皮脂汚れが気になる方は、皮脂を分解する「酵素」を配合している洗顔料を選びましょう。

また、皮脂吸着効果が期待できる「クレイ」の洗顔料も合わせてチェックしましょう。

酵素
  • プロテアーゼ
  • リパーゼ
  • パパイン

クレイ
  • カオリン
  • ベントナイト

泡洗顔料のおすすめランキング14選【人気の市販アイテムから厳選】

14位.パンナポンパ AHA モーニングフェイスソープ

パンナポンパ AHA モーニングフェイスソープ

出典:Amazon

さっぱりと洗える石けん系泡洗顔

無添加石鹸をベースに、さとうきびに含まれるフルーツ酸(AHA)を配合。皮脂や毛穴の汚れをすっきりさっぱりと洗い流すことができる洗顔。高めの洗浄力なので脂性肌におすすめです。

分類化粧品
成分グリコール酸AHA
主な洗浄成分石けん系

13位.クレンジングリサーチ ホイップクリアクレンジング

クレンジングリサーチ ホイップクリアクレンジング

出典:Amazon

フルーツ酸配合の濃密泡洗顔

さっぱりタイプの洗顔料なので脂性肌・オイリー肌の方におすすめです。古い角質を除去し、がんこな毛穴づまりもくすみもスッキリと洗い落とすAHAを配合。保湿成分リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス配合。

角栓が気になったりする方におすすめです。

分類化粧品
有効成分
主な洗浄成分石けん系

12位.肌ラボ 極潤 ハトムギ泡洗顔 

肌ラボ 極潤 ハトムギ泡洗顔

出典:Amazon

ハトムギエキス配合の大人ニキビ向け泡洗顔

ニキビを防ぐハトムギ泡洗顔。ヒアルロン酸Naやスクワランなどの保湿成分配合で、うるおいにこだわって洗浄。ハトムギエキス(整肌うるおい成分)やドクダミエキス(整肌うるおい成分)、カミツレ花エキス(整肌うるおい成分)を配合し、肌のコンディションを整えます。大人ニキビや肌荒れを防いで、毛穴の汚れまでスッキリ。

分類化粧品
成分グリチルリチン酸2K、アミノカプロン酸
主な洗浄成分石けん系

11位.カウブランド 無添加 泡の洗顔料

カウブランド 無添加 泡の洗顔料

出典:Amazon

天然由来セラミド配合の泡洗顔

お肌にあるセラミドと同じ構造をした、保湿力の高い天然由来のセラミド(保湿成分)を配合。乾燥でデリケートになりがちなお肌のうるおいを守ります。

デリケート肌を考えた無添加・低刺激処方。アレルギーを引き起こす可能性のある着色料・香料・防腐剤・品質安定剤にくわえ、鉱物油・アルコールも全てカットしました。皮ふアレルギーてテスト済み。全品皮ふアレルギーテストを実施し、クリアした処方のみを採用しています。

分類化粧品
成分
主な洗浄成分アミノ酸系・石鹸系

10位.コーセー ソフティモ ナチュサボン セレクト フォームウォッシュ

コーセー ソフティモ ナチュサボン セレクト フォームウォッシュ

出典:Amazon

天然・植物由来成分にこだわったボタニカル泡洗顔

アミノ酸系の洗浄成分を配合した優しい洗浄力の泡洗顔。上質なクリーミィ泡で、つっぱり感のないやさしい洗い上がりです。普通肌、乾燥肌におすすめの洗顔です。天然香料使用で癒されます。

分類化粧品
成分
主な洗浄成分アミノ酸系・石けん系

9位.チャントアチャーム ウォッシングフォーム

チャントアチャーム ウォッシングフォーム

出典:Amazon

汚れやくすみをしっかりオフする泡洗顔

アミノ酸系洗浄成分をベースにした、植物エキスを贅沢に配合。植物成分が角質をやわらげ汚れやくすみ(古い角質)をオフ。

無農薬ハーブ、天然アミノ酸、北アルプス温泉水配合で角質層のすみずみまでうるおいを届け、洗い上がりはしっとり。

無着色、石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、シリコン不使用

分類化粧品
成分
主な洗浄成分アミノ酸系・石けん系

8位.ビフェスタ 泡洗顔 コントロールケア

ビフェスタ 泡洗顔 コントロールケア

出典:Amazon

ニキビケアにおすすめ炭酸泡洗顔

アミノ酸系洗浄成分で優しく洗い上げ、微細な泡が毛穴の奥まで入り込み、汚れ・くすみを吸着しながら落とす。

殺菌成分と抗炎症成分を配合していてニキビケアにおすすめです。

手でもポンプでも作れない濃密な炭酸(基剤)泡が特長です。

分類医薬部外品
有効成分イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
主な洗浄成分アミノ酸系

7位.フリープラス マイルドモイスチャーソープ

フリープラス マイルドモイスチャーソープ

出典:Amazon

つっぱりやすい肌に乾燥ケア泡洗顔

アミノ酸系洗浄成分の弱酸性の泡洗顔。低刺激のキメ細かい泡で、肌のうるおいを守り、上質絹素肌へ導きます。

加水分解シルクなどの保湿成分、ハトムギ種子エキスなどの植物エキスを配合。肌に負担の少ない良質な低刺激素材を厳選。

分類化粧品
成分
主な洗浄成分アミノ酸系

6位.ファンケル ピュアモイスト 泡洗顔料

ファンケル ピュアモイスト 泡洗顔料

出典:Amazon

優しい洗浄力のふわふわ泡洗顔

素肌をいたわるアミノ酸系洗浄成分を配合し、肌あれ予防しながらカサつく素肌もしっとりすべすべ。

うるおいのある、なめらかな肌に洗い上げます。忙しい朝でも簡単3プッシュ。泡切れもいい。

洗顔中にヘタらず最後まで洗える秘密は、泡膜を強くする保湿成分(ヒアルロン酸、多糖類)配合しているから。

乾燥肌におすすめです。

分類化粧品
成分
主な洗浄成分アミノ酸系

5位.なめらか本舗 薬用泡洗顔

なめらか本舗 薬用泡洗顔

出典:Amazon

有効成分配合の豆乳泡洗顔

肌荒れ&ニキビを予防する有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合の泡洗顔。

忙しい朝にも簡単プッシュ泡洗顔は本当に助かる!

肌あたりのやさしいアミノ酸系洗浄成分のきめ細かい泡でお肌をやさしく洗います。

分類医薬部外品
有効成分グリチルリチン酸ジカリウム
主な洗浄成分アミノ酸系

4位.ミノン アミノモイスト ジェントルウォッシュ ホイップ

ミノン アミノモイスト ジェントルウォッシュ ホイップ

出典:Amazon

デリケートな肌のバリア機能を守って洗う泡タイプの洗顔料

ふわっふわの泡で肌をやさしく包んで汚れを落とし、洗いあがりがつっぱらないアミノ酸系洗浄成分をメインに配合。肌本来のうるおいを落としすぎないので、乾燥肌や敏感肌におすすめです。

外的刺激から肌を守るバリア機能をサポートする9種の保潤アミノ酸配合。うるおいのある洗い上がりですが、ややヌルっとする感じがあるので、脂性肌の方は選ばないように。

分類医薬部外品
有効成分グリチルリチン酸2K
主な洗浄成分アミノ酸系

3位.ちふれ 泡洗顔

ちふれ 泡洗顔

出典:Amazon

優しく洗うことに特化した泡洗顔料

アミノ酸系洗浄成分をメインに配合していて、やさしい洗いごこちが特徴の泡タイプの洗顔料。

もっちり弾力のある泡で、しっとり感のある肌に洗い上げます。

乾燥肌・敏感肌におすすめです!皮脂が多い方には洗浄力が弱すぎるかも。

分類化粧品
成分
主な洗浄成分アミノ酸系

2位.アルージェ モイスチャーフォーム

アルージェ モイスチャーフォーム

出典:Amazon

抗炎症成分配合の敏感肌・乾燥肌向け泡洗顔

キメ細やかな泡立ちで、しっとり感を残しながらやさしく洗顔。

天然セラミドを配合した敏感肌・乾燥肌・不安定肌のための薬用泡状洗顔石けんです。
清潔に洗い上げ、うるおい感が持続します。

肌荒れを防ぐ有効成分のダブル配合(グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸)により、敏感な肌をケアします。

角層の保湿因子に着目した3種の保湿成分ナノ化天然セラミド(ビオセラミド)、カンゾウ葉エキス、トリメチルグリシン配合。

分類医薬部外品
成分グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸
主な洗浄成分アミノ酸系

1位.キュレル 泡洗顔料

キュレル 泡洗顔料

出典:Amazon

肌荒れ・カサつきをくり返しがちな乾燥性敏感肌に

毎日の洗顔によって流れ出てしまいがちな、肌の必須成分「セラミド」を守って洗います。
大切な潤いは奪わず、肌荒れの原因ともなる汗や汚れはすっきり洗い流します。

弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません)・乾燥性敏感肌の方に協力によるパッチテスト済み(パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテストです)

分類医薬部外品
成分グリチルリチン酸2K
主な洗浄成分アミノ酸系

泡洗顔料に関するQ&A

洗顔する回数や理想の頻度は?

一日に洗顔する最適な回数は、朝と夜の二回がおすすめです。この回数を基本として、肌質に合わせて洗顔料を使うか使わないかを調整するといいでしょう。

乾燥肌や敏感肌は、朝洗顔には洗顔料は必要ないでしょう。脂性肌や混合肌は、朝洗顔に洗顔料を使用することをおすすめします。

一日に三回以上洗顔すると、肌に必要な皮脂まで取り除き乾燥を引き起こす原因になりますので注意しましょう。

洗顔にどのくらい時間はかければいいですか?

洗顔にかける時間は約10秒が理想的だと考えています。(※洗顔料を顔にのせている時間)

その理由は、洗顔料を長時間肌にのせていると、肌についた汚れや悪い皮脂だけでなく、肌に必要な良い皮脂(細胞間脂質)も落としてしまい、刺激によるトラブルや肌の乾燥(うるおい不足)につながるからです。

朝洗顔は水だけ?洗顔料を使うべき?
  • 脂性肌の朝洗顔は洗顔料を使う
  • 乾燥肌の朝洗顔は水だけ
  • 混合肌の朝洗顔はTゾーンだけ洗顔料を使う

脂性肌・オイリー肌の方は、朝顔を洗う時には洗顔料を使いましょう。

水だけの洗顔では、皮脂を落としきれずニキビや角栓の詰まり、毛穴の開きなどを引き起こす原因となります。

乾燥肌の方は、洗顔料を使わず水(冷たいお湯)だけで洗うのが理想的。洗顔料を使うと、肌に必要な皮脂を取りすぎてしまい、肌の乾燥を引き起こすこと原因になります。皮脂を残しつつ、汚れを落とすのには水洗顔だけで充分だと考えます。

混合肌は、皮脂が多い部分と乾燥する部分がある肌質です。皮脂が多い部分には、洗顔料を使って皮脂を取り除くために洗顔をする。乾燥する部分は、水(冷たいお湯)だけで洗顔して乾燥しないようしましょう。

混合肌の方がスキンケアを上手にするコツは、パーツごとに合わせた化粧品を使うことです。洗顔の場合は、皮脂が多いTゾーンにのみ洗顔料を使いましょう。

泡洗顔の正しいやり方

STEP
手を洗い清潔にしましょう
手順①手を洗い清潔にしましょう

洗顔をする前に手を洗い清潔にしましょう。

手に汚れがあると、洗顔料の泡立ちが悪くなります。まずは、ハンドソープなどを使い洗います。

STEP
顔をぬるま湯で濡らす
手順②顔をぬるま湯で濡らす

洗顔料をつける前に、ぬるま湯(33〜35度くらい)で予洗いをします

冷たい水だと毛穴が閉じて汚れを排出しにくくなり、熱すぎると必要な皮脂まで落として、乾燥してしまいます。ぬるま湯がポイントです。

お湯で肌表面を濡らしておくと、洗顔料に含まれる界面活性剤が肌に吸着しにくくなり、刺激を減らすことに繋がります。

STEP
たっぷりの泡をつくる
手順③たっぷりの泡をつくる

商品の説明に従って適切な使用量を使います。ポンプを押すだけで、弾力のあるきめの細かい泡がでてくるので、そのまま顔にのせましょう。

泡で洗顔するメリットは、摩擦を防ぐことができること、泡に十分な空気が入っていると肌に密着しやすく、汚れが落ちやすくなるのです。泡立てネットを使えば、ふわふわな泡作りも簡単です。

敏感肌の方は泡を顔に乗せるだけで、擦らなくてOKです!

STEP
泡で顔を洗う。摩擦はNG!
手順④泡で顔を洗う。摩擦はNG!

皮脂の多いTゾーンから泡をのせ、その後全体にのせていきます。

洗顔は、摩擦をしないことが大切なポイント。泡を押さえるように洗顔します。手と顔が触れないように意識しましょう。

長く時間をかけると、必要以上に皮脂が洗い流されて乾燥の原因になります。泡をのせる時間は10秒程を目安にしましょう。

STEP
ぬるま湯でしっかりと洗い流す

予洗いと同様に、ポイントはぬるま湯で洗い流すこと。

洗顔料が残りやすいフェイスラインや小鼻のキワは要チェック。残ってしまうとニキビの原因になります。充分に洗い流しましょう。

STEP
優しく水分をとる
手順⑥優しく水分をとる

水分の拭き取りは、清潔なタオルで優しく押さえて拭きましょう。摩擦を起こさないようにすることが大切です。

タオルだと細かい繊維が顔についたり、摩擦が気になったりする場合は、ティッシュキッチンペーパーで抑えるようにして水分をとりましょう。

まとめ

人気の泡洗顔のおすすめランキングを紹介してきました。肌質に合う洗浄成分をチェックして選ぶのが大切です。石けん系やアミノ酸系など成分を確認して、自分に合うものを選んでくださいね。

※記事の内容は、効能効果または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

おすすめ記事

新着記事

目次
閉じる