「読む人が理解しやすい文章を書くためのコツ」を紹介していきます。

1.簡潔に書く

シンプルに直感で理解できるということが大切です。

一言にまとめる

遠回しな表現を避ける
説明がまわりくどくならないように、伝えたいことを先に表示する。

指示代名詞を少なくする

「あの」「その」「この」などの指示代名詞が少なくするのもポイント。

一文内で同じ単語を繰り返さない

同じ単語が頻繁に繰り返されると、まわりくどい印象を与えてしまいます。
文脈から明らかに推測できる内容は思い切って削りましょう。

一文を長くしすぎない

一文にたくさんの情報を詰め込むと「何についての説明をしているのか」が掴みにくくなります。句読点を使って複数の文に分割しましょう。

必要以上に詳細な内容を書かない

具体的に書くことは重要ですが、読み手が興味のない内容まで詳細に説明する必要はありません。

いらない言葉や表現はカット

いらない言葉や表現はカットし、文章が不必要に長くならないようにしましょう。
あとから読み直して、いらないという部分は思いきってカットしましょう。

2.専門的な用語をできる限り避けること

易しい言葉を選びましょう。「専門用語」を使って良いのは、相手が明らかにその意味を理解しているときだけです。

美容に対しての感度が高い層で専門用語を知っている人からすれば、専門用語がある文章の方が理解しやすい場合もあります。
つまり、どんな人たちをターゲットにするか?によって変わってきます。

3.抽象的な表現を多用しない

人によって捉え方が異なる「抽象的な表現」を並べないようにしましょう。イメージが湧かず、印象に残りにくいからです。

4.可読性が高いこと

改行と行間に気を配り、心地よいリズムを意識することです。

5.漢字はひらこう

漢字をひらくとは、難し漢字をひらがな表記することで可読性が高くなります。読みやすくなるということですね。

ひらがな表記を採用するケース

  1. ひらがなにしたほうが、読み手の脳の負担が減りそうな場合。
  2. 普段は漢字で書かない言葉を使っている場合
  3. 漢字で書いたほうが良いか、ひらがなで書いたほうが良いかわからない場合

6.数を伝えたいときは算用数字を使う

数をはっきりと伝えたい場合は、算用数字(1、2、3…)を使います。

7.感嘆符を使いすぎない

「!」の多用は文章のメリハリを無くすだけでなく、幼稚な印象を与えます。

たくさん書いて推敲すること

推敲とは、自分の書いた文章をじっくり読み直して、おかしな所や悪い所がないかをチェックし、悪い所があれば修正していくことを意味します。
推敲を繰り返すことが、上達への近道です。

書き方を学ぶ

20歳の自分に受けさせたい文章講義
20歳の自分に受けさせたい文章講義

美しい文章を書くことより「読み手にとって分かりやすい文章を書くこと」に焦点を当てた本です。「話すこと」と「書くこと」の違いを知り、すぐに実践できる具体的なスキルが学べる良書です。

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
「何から書いていいのかわからない」「どう書けば伝わるのかわからない」という、文章に関する悩みを解決するコツが満載。

zine 記事
編集長が斬る!そのWebライティング、イケてないですよ
Webライティングについて書かれている記事ですが、とてもとても分かりやすく「分かりやすく書く方法」が紹介されているので参考になるかと思います。