【白髪染めトリートメントのデメリット5つ】カラートリートメントはやめた方がいいって本当?美容師が解説

【白髪染めトリートメントのデメリット5つ】カラートリートメントはやめた方がいいって本当?美容師が解説

多くの嬉しいメリットがある白髪染めトリートメントですが、デメリットはあるのか?カラートリートメントはやめた方がいいって本当?美容師が徹底解説していきます。

結論を申しますと、白髪染めトリートメントにはデメリットを上回るメリットがあるので、長所と短所を理解して上手に使うと良いでしょう。

目次

白髪染めトリートメントのデメリット5つ

白髪染めトリートメントのデメリット5つ

①一般的な白髪染めのように1回では染まらない

白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めのように1回では完全に染まりません

繰り返し使うことで少しずつ着色していくアイテムなので、即効性を求めるなら一般的な白髪染めが向いています。

しかし、一回でも80〜90%近く染めることができる商品もあり、白髪量にもよりますが2回程使えば充分に染まります。

②色落ちが早く、定期的に染める必要がある

髪の表面に着色している白髪染めトリートメントは、シャンプー等で少しずつ色落ちします

そのため、キレイな状態を維持するには、定期的に使い続ける必要があります

最近では、色落ちが遅い商品や定期的に使っても面倒にならない短時間で染まる商品もあります

色落ちが遅く、短時間で染まる商品

③暗い髪を明るくすることができない

白髪染めトリートメントには脱色剤が配合されていないため、地毛や暗い髪を明るくすることができません

絵の具を髪に塗るように、明るい髪(白髪)を暗くすることは可能です。

暗い髪を明るくしたい方は、一般的な白髪染めを使いましょう。

④お風呂場やタオルが汚れることがある

白髪染めトリートメントは染料が入っているので、お風呂場やタオル、手指を汚すことがあります。

しかし、汚れ対策をしていれば全く問題ありません。

汚れ対策
  • お風呂場をシャワーで濡らしておく。
  • 手や爪が染まらないように手袋を使用する。(100均のビニール手袋がおすすめ)
  • 色の濃いタオルで髪を拭くようにする。

⑤美容院での施術に影響する場合がある

ほとんどありませんが、美容院での施術に影響する場合があります。

白髪染めトリートメントで暗くしてしまった場合、美容院で明るくできなくなることがあります。

美容院に行く1週間前くらいから白髪染めトリートメントの使用を控えると影響が出にくくなります。

白髪染めトリートメントの嬉しいメリット4つ

白髪染めトリートメントのメリット3つ

①髪を染めながらヘアケア・頭皮ケアができる

白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めヘアカラーと比べたときの最大のメリットはヘアケア効果です。

髪の乾燥やハリ・コシ低下、うねり広がりなどの髪の悩みがある方が多い白髪染め世代。ダメージすることなく、むしろ白髪を染めながらヘアケアができる点は非常に魅力的です。

②自宅で簡単に染められる

白顔染めトリートメントは、トリートメントを塗る感覚で自宅で簡単に染められます。

不器用な方でもムラになりにくく、塗った後から塗り直すこともできるので、不器用な方にもおすすめです。

③染まりムラになりにくい・失敗しにくい

塗った後から塗り直すことができたり、少しずつ着色していく特性から、失敗しにくい白髪染めです。

自分で白髪染めするのが苦手、失敗した経験がある方におすすめです。はじめて使う方にも使いやすい白髪染めと言えるです。

④時短・節約・コスパがいい

白髪染めトリートメントは、圧倒的にコスパが良く、時短で節約したい方におすすめです。

しかも、ドラッグストアやネットで安く手に入り、継続するのにも手間がかかりにくいメリットがあります。

スクロールできます
価格時間購入場所
白髪染めトリートメント700円〜30分通販サイト・ドラッグストア
一般的な白髪染め700円〜1時間通販サイト・ドラッグストア
美容院での白髪染め5,000円〜1時間半美容院

白髪染めカラートリートメントはプチプラで買えるものも多く、定期便を利用すればお得に購入することもできる。自宅でに届くネット通販を使えば、買い行く手間も省けます。

「白髪染めに時間やお金を使いたくない!」という方には白髪染めトリートメントがおすすめです。

白髪染めトリートメントはこんな人におすすめ

白髪染めトリートメントはこんな人におすすめ

白髪染めトリートメントはこんな人におすすめです。

  • 白髪染めによるダメージが気になる
  • ちらほら白髪が気になる
  • 根元の白髪が気になる
  • 時間やお金を節約したい
  • カラー剤にアレルギーがある
  • 自然な仕上がりがいい
  • 美容院に行くまでの間、一時的に白髪ケアをしたい

白髪染めカトリートメントの大きなメリットは、髪や頭皮に優しいこと。使えば使うほど、髪がキレイになる、白髪も染まる一石二鳥。

髪のダメージが気になる方にぴったりです!

また、白髪染めトリートメントは自宅で手軽に使えるので、「いつも美容院で染めているけど、生え際の白髪が気になったときだけ使いたい」という方にもおすすめです。

白髪染めトリートメントが不向きな人

反対に白髪染めカラートリートメントが向かないのはこのような人です。

  • 一度でしっかり白髪を染めたい
  • 明るいヘアカラーを楽しみたい
  • 髪色をよく変える
  • 定期的に使うのが面倒

白髪染めトリートメントは少しずつ白髪を染めていくものなので、一般的な白髪染めのように一度で染めたい方には向いていません。

また、白髪染めトリートメントの残留色素が、次のカラーの邪魔をして染まりにくくなることがあるので、髪色を頻繁に変えたい方にもおすすめはできません

【Q&A】白髪染めカラートリートメントのデメリットに関するよくある質問

カラートリートメントはやめた方がいいって本当?髪に悪いの?

カラートリートメントは、通常の白髪染めと比較して、髪や頭皮に対する負担が軽減されるという利点があります。

確かに、繰り返し使用する必要があったり、塗り方によっては染め残しが生じる可能性があるなど、デメリットも存在しますが、やめた方がいいというほどの悪いところは見つかりません。

基本的には髪へのダメージを最小限に抑えつつ、髪を染めたいと考える方にとって、カラートリートメントはおすすめできるアイテムと言えます。

カラートリートメントは頭皮に悪い?

カラートリートメントは、一般的な白髪染めと比べて圧倒的に低刺激で、頭皮に対して非常に優しいという特徴があります。

一般的な白髪染めのように刺激の強い脱色剤が含まれていないため、頭皮や髪をいたわりながら白髪染めしたい方におすすめです。

まとめ

白髪染めトリートメントのデメリットとメリットを解説してきました。

少しずつ着色していく染毛剤なので、大きな失敗になりにくく、髪への負担も少ない白髪染めトリートメントは使い勝手の良いアイテムです。

白髪を染めることができてトリートメント効果もあるので、髪のダメージが気になる方にもおすすめです。是非、お試しください。

  • 記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
  • 本記事内の口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。
  • ヘアカラー (医薬部外品) は、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。
  • ヘアカラーをご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) をしてください。
  • 皮膚アレルギー試験(パッチテスト)について|日本ヘアカラー工業会

著者情報

美容のプロが『ヘア・メイク・コスメの基礎知識』や「美容の雑学」をわかりやすく解説していきます。ヘアケア・スキンケア・メイクアップに関する、知っておきたい基礎知識や明日から使える豆知識などを解説。プロがおすすめする美容アイテムなども紹介します。




目次