よく染まるカラートリートメントのおすすめランキング10選

染まりが良いカラートリートメントのおすすめランキングを紹介します。ドラッグストアや薬局、Amazonなどの通販サイトで購入できる市販のカラートリートメントから厳選。染料の種類から選ぶポイント、色から選び方も解説。染まりを良くする方法も紹介します。

目次

よく染まるカラートリートメントの選び方

  1. 染料の種類から選ぶ
  2. 色から選ぶ

①染料の種類から選ぶ

白髪染めカラートリートメントに使われる染料には大きく分けて3つあります。

商品によって1種類だけ配合されているもの、複数配合されているものもあります。

  • 塩基性染料(表記例:塩基性青99、塩基性赤76など)
  • HC染料(表記例:HC青2、HC黄2など)
  • 天然染料(表記例:クチナシ・シコン・アナトーなど)

しっかりとムラなく染めたい方には、塩基性染料と染毛力が強いHC染料を配合したものがおすすめです。

頭皮に優しいのは天然染料のみのもの。しかし、染毛力が弱いというデメリットがあります。

②色から選ぶ

白髪染めカラートリートメントには色種類が大きく分けて3つあります。

  • ブラック
  • ブラウン
  • ライトブラウン
求める色味色種類
白髪をしっかりと染めたいブラック、ダークブラウン
明るい仕上がりを優先するライトブラウン

求める仕上がりの色よりも少し暗めを選ぶと、染まりの良さを実感できるはず!
ブラウンを選んでいる方は、ダークブラウンを選んで放置時間を少し短くすると丁度良い染め上がりに。

よく染まるカラートリートメントのおすすめランキング10選

10位.アンファー スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント

アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

高い染毛力が特徴のヘアカラートリートメント

出典:Amazon

染毛力と色持ちに優れた白髪染めトリートメント。
11種類の天然植物由来成分配合で頭皮に優しく、髪をいたわりながら美しく自然な仕上がりに染めあげる
コーティング成分配合ですぐに落ちない、色持ちを実現するために「ディープモイスチャー設計」を搭載。
ジアミン・シリコン・エタノール・パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油を使用しない無添加設計で優しい仕上がりを実現しました。

カラーバリエーションナチュラルブラック
ダークブラウン
マロンブラウン
ローズブラウン

9位.レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

出典:Amazon

染まりの良さがポイント

使うほどに白髪を自然なツヤ髪へ導きます。
ドイツ産火山灰泥と12種類の頭皮ケア成分配合で髪を補修。ノンシリコンなのに艶やかで、サラサラな仕上がりに。香りに特徴があるので好みが分かれるかも。白髪の染まりは期待以上、色持ちがやや早い印象。

カラーバリエーションダークブラウン
ライトブラウン
マロンブラウン
ローズブラウン
ナチュラルブラック

8位.ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

LABOMO ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

出典:Amazon

アートネイチャーが開発した待ち時間3分で美しく染まるトリートメントカラー

白髪を3分で染める。部分白髪・生え際白髪をカバーし、髪色を整えるヘアカラートリートメントです。
12種類の美容保湿成分を配合。白髪染めで髪の悩みが気になる方にもおすすめです。
髪に優しく綺麗に染まる。そして、香りもすごく良い
使い始めは3回(3日間)の連続使用をおすすめします。

カラーバリエーションナチュラルブラック
ダークブラウン
ブラウン

7位.綺和美 Root Vanish ヘアカラートリートメント

Root Vanish 白髪染め ヘアカラートリートメント

出典:Amazon

髪と頭皮へのやさしさにこだわった白髪染めトリートメント

ミネラル豊富な昆布エキスや、血流促進する高麗人参エキス、保湿効果の高いユズ油などの厳選された22種の天然植物由来成分配合の白髪染めトリートメント。
高い染毛力を持ちつつ、髪に潤いとツヤを与えます
無香料・無鉱物油・パラベンフリー・ノンシリコーン・アレルギーテスト済旧指定成分無添加。

カラーバリエーションブラック
ダークブラウン
ライトブラウン

6位.VITALISM kulo バイタリズム クロ

VITALISM kulo バイタリズム クロ

出典:Amazon

低刺激を追求した白髪染めトリートメント

かゆみや刺激の原因となる色素成分を使用せずヘアカラー染料を使用。
そのため低刺激で、頭皮・毛髪をいたわりながら白髪染めができる
リピジュア、ローヤルゼリー、アルガンオイル、コラーゲン、植物エキス8種、アロエベラ、グリチルリチン酸2Kなど、トリートメント効果のある成分を配合
白髪にも、健康な髪にも、地肌にも優しい、アロエ・アルガンオイル・植物エキス・コラーゲンも配合しています。

カラーバリエーションブラック
ダークブラウン
ライトブラウン

5位.資生堂 プリオール カラーコンディショナー N

資生堂 プリオール カラーコンディショナー N

出典:Amazon

髪のダメージを補修しながら保湿

トリートメント処方で、ダメージをケアしながら指通りに。色つやマニキュア効果で、髪色を美しく見せます
髪に少しずつ色合いを与えて、気になる白髪を目立たせません。しっかりと染めるというより、自然にカバーするくらいのイメージ

カラーバリエーションブラック
ダークブラウン
ブラウン

4位.POLA グローイングショット カラートリートメント

POLA グローイングショット カラートリートメント

1回でも色づく「Wピグメント処方」を採用した白髪染めカラートリートメント

1回でもある程度染まるというコンセプトが特徴の白髪染めトリートメント。
浸透型ピグメントが毛髪内部に入り込み鮮やかに発色。吸着型ピグメントが毛髪表面をコーティング。1回で色づき、重ねるほどに深い色と艶に満ちた美髪を演出

毛髪補修成分や保湿成分が配合されていて、乾燥を防ぎながら髪のハリ・コシ・ボリュームアップに効果が期待できます。

カラーバリエーションブラック
ブラウン

3位.マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

植物由来原料約94%使用のオールインワンケア白髪染めカラートリートメント

しっかりと染まるをコンセプトに開発されたトリートメントカラー。
1本で4つのケア(白髪ケア、スカルプケア、エイジングケア、ヘアケア)
植物エキスと植物オイルなどのヘアケア効果の高い美容成分をたっぷりと配合。
トリートメントカラーであるメリットをしっかりと活かし、使用後もギシギシする感じがなく、髪にまとまり感がでます
敏感肌の方にも安心の8つの無添加
合成香料フリー・シリコンフリー・鉱物油フリー・パラベンフリー・ジアミン系染料フリー・紫外線吸収剤フリー・サルフェートフリー・法廷タール色素フリー

カラーバリエーションダークブラウン
ブラウン

2位.LpLp ルプルプ ヘアカラートリートメント

LpLp ルプルプ ヘアカラートリートメント

「ガゴメ昆布」に含まれる良質な保湿成分「フコイダン」を配合の白髪染めカラートリートメント

海洋由来の保湿成分「ルプルプ Wフコイダン」を配合。植物由来の天然色素で頭皮と髪をいたわりながら、ナチュラルに白髪をカバー
皮と髪にやさしい植物由来の天然色素(ベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎)などを使用。髪や頭皮に負担をかけることなく、やさしく美しく染め上げます。
低刺激なので、素手でもお使いいただけます。
染毛剤特有のツンとしたニオイもなく、精油(ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油)の爽やかな香りに包まれて使用できますよ。お肌の弱い方にもご使用できます。

カラーバリエーションナチュラルブラック
ソフトブラック
モカブラウン
ダークブラウン
ブラウン
ベージュブラウン

1位.利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

色の染まりと持続性がダントツで優秀な白髪染めトリートメント

天然利尻昆布エキスをはじめ28種の植物由来成分を配合した白髪用ヘアカラートリートメント。

厳選した植物由来色素を使用し、髪・頭皮をいたわりながら白髪をケア。赤・青・黄・茶、4つの色素が美しい発色を実現。

トリプルPPT成分(ケラチンPPT・シルクPPT・コンキオリンPPT)が傷んだ髪のダメージを補修

ヒアルロン酸やデンプンポリマーが毛髪を保湿保護します

6つの無添加(ジアミン・パラベン・鉱物油・シリコン・酸化剤・4級アミン)

仕上がりの色は、ナチュラルな茶色系の色味なのでベースカラーを問わずおすすめできる。

容器はチューブの方が使いやすいのでマイナス点。

カラーバリエーションブラック
ダークブラウン
ナチュラルブラウン
ライトブラウン

カラートリートメントの染まりを良くする方法

カラートリートメントの染まりを良くする方法

1.タオルドライを入念にする

タオルドライを入念にすることで、塗りムラにならず均一に塗ることができます

ポイントは、頭皮の水分をとるようにタッピングしながらタオルドライすること。

頭皮に水分が残っていると塗りムラだけでなく、白髪染めトリートメントが顔に垂れる事故が起こるかもしれません。

2.室温を温めてから塗り始める

寒い場所で白髪染めトリートメントを塗ると、染まりが悪くなることがよくあります

染め始める前に、室温を暖かくしておくと染まりが良くなります。

また、ある程度の湿度があるとより良いでしょう。このひと手間で仕上がりが変わります。

冷暖房が直接当たらないようにも気をつけましょう。

3.根元から塗り始める

白髪が目立って気になる根元からから塗り始めることで、塗り忘れを防ぐ事ができます。

そして、一番最初に塗った部分は長く時間をおくことができるので、染まりがよくなるというメリットもあります

もし塗っている途中に白髪染めトリートメントが足りない!なんて最悪な事態になっても、根元だけは染めることができます。

4.薬を置くように塗る

白髪染めトリートメントを塗ったのに染まらなかったという失敗の多くは、薬剤の塗布量が足りないということがほとんどです。

白髪をしっかりと染めるには、気になる部分にたっぷりと白髪染めトリートメントが付いている状態にしなければなりません。

コツは、白髪染めトリートメントを置くイメージでたっぷりと塗布することです。

そして、全て塗り終えた最後に、もう一度生え際を再塗布する。

5.ラップで温める

白髪染めトリートメントを根元に置いたら、ラップで蓋をしましょう

そうすることにより、頭皮の体温で反応が促進されます。

まとめ

よく染まるカラートリートメントを紹介してきました。色選びのポイントは、求める色より少し暗めを選ぶと、染まりの良さを実感することができるはず。
仕上がりが暗過ぎる場合は、放置時間を調整すれば良いでしょう。是非、お試しください。

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。
※白髪染めトリートメントは、使用上の注意をよく読んで正しくお使いください。
※白髪染めトリートメントをご使用の前には、必ず皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) をしてください。

関連記事

新着記事

目次
閉じる