乳液だけのスキンケアをおすすめしない3つの理由

乳液だけのスキンケアをおすすめしない3つの理由

「化粧水を使わない、乳液だけのスキンケア」をおすすめしない理由についてヘアメイクをしている美容のプロが解説します。

監修者

下川直人のプロフィール写真

下川直人

  • 監修者は「選び方」についてのみ監修をおこなっており、掲載している商品は監修者が選定したものではありません。LALA MAGAZINEが独自に検証を行ったうえで、ランキング化しています。
  • 掲載商品は、選び方に記載されている効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入に際しては、各商品の説明を必ずご確認ください。
目次

乳液だけのスキンケアをおすすめしない理由3つ

結論から言いますと、化粧水と乳液をセットで使う一般的なスキンケアをおすすめします。

理由①乾燥しやすくなる

化粧水には、水分補給という役割があります

化粧水をつけてから乳液をつける方が、乳液だけしか使わない時と比べて効率的に水分補給ができます。

化粧水で補った水分を、乳液の油分で蓋をする。そうする事で、肌の乾燥を防ぐ事ができます。

乳液に含まれる水分だけのスキンケアでは、毎日メイク+クレンジングを繰り返す現代の女性にとって、物足りなさを感じます。

理由②乳液の浸透率が下がる

化粧水には肌を整えるという役割もあり、その後に使う乳液の浸透を良くする効果があります。

そして、化粧水で整えられた肌に乳液を塗布するのと、洗顔後の肌に乳液をつけるのとでは、塗布量や肌馴染みが大きく変わります。

化粧水をつけた後の方が、肌への馴染みがいいので摩擦がなく、ムラなくスムーズに付けることができ、化粧水なしだと乳液の塗布量が増えるのでベタつきやすくなります。

理由③メイクくずれしやすくなる

肌の油分量が多いと、ベースメイクの馴染みが悪くなりメイクがくずれやすくなることがあります。

化粧水を使わずに乳液だけのスキンケアの場合、肌の油分量が多くなるのでメイク崩れしやすい人は注意しましょう。

まとめ

乳液だけ使い、化粧水を使わないスキンケアはおすすめしません。

化粧水には肌を整える効果があり、スキンケアの基本となるからです。それにより下記のような肌トラブルを招く可能性があります。

  1. 肌の乾燥を招く
  2. スキンケア化粧品の浸透が悪くなる
  3. メイク崩れしやすくなる

※記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

スキンケアの基本

著者情報

美容師資格を保持する美容師が執筆&監修する美容メディア。「ヘアケア・スキンケア・メイクアップの基礎知識」や「美容の雑学」をわかりやすく解説。プロがおすすめする美容アイテムも紹介します。

Amazonバナー

スキンケアの基礎知識【人気】

スキンケアの基礎知識【新着】

目次