ナプラ エヌドット カラーシャンプーの口コミ評価&成分解析【美容師が実際に使って効果検証レビュー】

ナプラの人気ヘアケアシリーズであるエヌドットの『N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント』を実際に使って口コミ評価&成分解析していきます。色の種類と選び方、カラーシャンプーの使い方なども解説しているので、購入を考えている方は是非、ご覧ください。

目次

エヌドット カラーシャンプーとは

N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント

N.(エヌドット)カラーシャンプーとは、ヘアケア製品の総合メーカーである「ナプラ」が製造販売している、ヘアカラーを長持ちさせることを目的としたカラーシャンプーです。

シャンプーに色が付いているので、髪を洗うたびにカラー色素を補充してくれます。

特徴

N.(エヌドット)カラーシャンプーには、髪に潤いを与える植物オイルや植物エキスを配合しています。

髪や肌に優れたコンディショニング効果を発揮するシアバターブロッコリーオイル、毛髪にうるおいとツヤを与えるハニープロテインなど。その他にも、6種のオーガニックハーブエキスが配合されていて、保湿効果が得られます。

香りは、ホワイトフローラル。柔らかくフェミニンなホワイトフローラルをメインに、フルーティーやウッディな香りをブレンドした上品に華やぐ香りです。

色の種類と選び方

シャンプートリートメントともにパープル、シルバー、ピンクの3色展開しています。

パープル

ナプラ N.エヌドット カラーシャンプー パープル


ハイトーンのヘアカラーの気になる黄ばみをおさえて、きれいな髪色を長持ちさせます。

こんな人におすすめ
  • ブリーチをした髪
  • アッシュ系・グレー系に染めた髪
  • 黄色っぽさがでている髪

シルバー

ナプラ N. エヌドット カラーシャンプー シルバー


アッシュ、青系の褐色を抑えて、透明感のある髪色を長持ちさせます。

寒色カラーにありがちな、緑がかったり、黄色味が買ったりするのを予防。

こんな人におすすめ
  • ブリーチをした髪
  • アッシュ系・グレー系・ネイビー系に染めた髪
  • 黄色っぽさがでている髪

ピンク

N.エヌドット カラーシャンプー Pi ピンク


ピンク系、赤毛のカラーの色落ちを抑えて、みずみずしい髪色を長持ちさせます。絶妙な染料バランスで色が濃く入りすぎる心配もありません。

こんな人におすすめ
  • ピンク系・オレンジ系に染めた髪
  • 黄色っぽさがでている髪

エヌドット カラーシャンプーの成分解析

N.(エヌドット)カラーシャンプー 成分表

シルバーの主な洗浄剤であるラウレスー5カルボン酸Naは、「酸性石鹸」と呼ばれる洗浄力が高くて低刺激な洗浄成分です。

その他、加水分解シルク加水分解ハチミツタンパクγ-ドコサラクトンなど毛髪補修に効果のある成分を配合。ポリクオタニウム-47を配合していて、使用後のコンディショニング効果も得られそうです。

ベヘントリモニウムクロリドのようなカチオン界面活性剤を含んでいるので、シャンプー後のすすぎは入念におこなう方がいいでしょう。

パープルとピンクの主な洗浄成分「パレス−3硫酸Na」は、高級アルコールと硫酸化剤でできており、洗浄力と脱脂力が非常に強いのが特徴です。

「パレス−3硫酸Na」が配合されているのは、シャンプーに含まれる染料の除去が目的だそう。

そのほかの洗浄成分は優しめのものが使われていて、シアバターなどのエモリエント成分や保湿効果の高い成分も含まれているのでバランスを取っているのかなと。

エヌドット カラーシャンプーの口コミ評価

評価項目評価
泡立ち 4
洗い心地 4
香り 3.8
色の染まり具合 3.8
髪の仕上がり 4.5
  • 色染まりがいい
  • 泡立ち・洗い心地が非常にいい
  • カラーシャンプー&カラートリートメント使用で髪のきしみがでない
  • 仕上がりもしっとりまとまる
  • 少し爪が染まる

洗い心地、仕上がりともに非常に満足しました。

ちなみにトリートメントには、『シリコン』が配合されています。

シリコンのおかげでサラサラしっとりな仕上がりが実現していると思います。シリコンは安全性も高く、ブリーチ毛にも最適なコンディショニングオイルです。

気になるとしたら、爪が染まる可能性があること。手袋を使用するか、手をすぐに洗い流すようにすることで対応した方がいいでしょう。

どのブランドのカラーシャンプーも染まるので、エヌドットに限ったデメリットではありません

どの評価項目も平均点以上なので、エヌドットカラーシャンプーを選んでも失敗する確率は低いと思います。気になる方は是非使ってみて欲しい。

エヌドット カラーシャンプーの上手な使い方

STEP
入念に予洗いする
カラーシャンプー予洗い

カラーシャンプーを使う前に、しっかりとお湯で髪をすすぎましょう。

ぬるま湯(38〜40度)のシャワーを頭皮に当てながら、頭皮の汚れを落とすようにすすぎます。

ヘアワックスなどのスタイリング剤をつけている場合は、普段使っているシャンプーで軽く洗っても良いでしょう。

STEP
よく泡立てる
カラーシャンプー 泡だて

カラーシャンプーを手にだし、泡だてます。

シャンプー剤と水と空気を混合するようなイメージで泡立てましょう。

STEP
泡パックで放置
カラーシャンプー 泡だて

泡で髪を包み込んだ状態で必ず5分以上放置しましょう。(カラーシャンプーによっても適正放置時間は異なるので、説明をよく読んで放置時間を決めましょう。)

放置時間が長く置けばおくほど、色が濃く入リます。

STEP
トリートメントは粗めのクシでとかす
トリートメント塗布

髪の水分を手で取り除き、トリートメントを塗布し3〜5分放置します。

キレイに仕上げるコツは、粗めのクシでとかすこと。均一に塗ることができるので、仕上がりにムラができません。

STEP
しっかりと洗い流す
すすぎ

しっかりと洗い流してください。

すすぎ残しがあると染料が髪に残り、タオルやシーツを汚す可能性があります。

色がでなくなるまで十分に洗い流しましょう。

エヌドット カラーシャンプーに関するFAQ

カラーシャンプーを使う頻度はどのくらいがいいですか?

髪色を長持ちさせるにはヘアカラー直後からカラーシャンプーを使うのがおすすめ。

ヘアカラー後の1週間は毎日使用し、そのあとは2〜3日に1回程度の使用をおすすめします。

いつからカラーシャンプーを使うのが正解?

カラーシャンプーは、ヘアカラーしたての髪に使うのが良いのか?それとも、色落ちしてきてから使うのが良いのか?という質問をよく伺います。

答えは、ヘアカラーをした直後から使うのが一番効果的だと言われています。

カラーシャンプーを毎日使っても大丈夫?

毎日カラーシャンプーを使っても大丈夫です。

カラーをしてから時間が経過していて黄色味がでている髪は、次回のヘアカラーまでの間は毎日使うといいでしょう。

基本的な頻度は、2〜3日に1回程度がおすすめです。

シルバーシャンプーとムラサキシャンプーの違いは?

シルバーシャンプーとムラサキシャンプーの違いは、色味です。

どちらのシャンプーも基本的には、アッシュ系ヘアカラーの色落ちを防ぐ効果、色落ちした髪に使うことで黄ばみを抑える効果が期待できます。

では、どのように使い分ければ良いのか?

  • シルバーシャンプー→赤みが強い髪
  • ムラサキシャンプー→黄色味が強い髪

カラーシャンプーで髪を染めることができますか?

基本的に髪が「染まる」というよりも「色持ちを良くする」「黄ばみをおさえる」という特徴があります。

入っている染料は塩基性染料、HC染料、直接染料の3種類です。

カラーシャンプー&カラートリートメントの両方使う必要がありますか?

カラートリートメントが髪をコーティングして染料の流出をおさえるという特徴があるので、一緒に使うのがおすすめです。

ですが、カラーシャンプーだけでも効果はあります。

髪がきしまないか心配です。

保湿成分を多く使用し、きしみは少なくなっています。

もし気になる場合は、カラーシャンプーとカラートリートメントの間にふだん使用しているトリートメントの併用をおすすめします。

カラーシャンプーで爪が染まるのですが。

手袋をしてカラーシャンプーをするようにしましょう。

100均一などで販売されている使い捨て手袋を使うのがおすすめです。

手が染まらないカラーシャンプーも販売されていますよ。

まとめ

実際に使ってみて、泡立ち、洗い心地、染まり具合、仕上がりは平均点以上の高評価です。使ってみたいなぁと考えている方は、使ってみて失敗することはない商品だと思います。(個人の感想)
できればカラーした直後から使うと、より効果的です!

参考サイト:ナプラ

関連記事

新着記事

目次
閉じる