ココイルグリシンKの洗浄力や安全性・毒性について【アミノ酸系シャンプー成分解説】

potassium-cocoyl-glycinate

アミノ酸シャンプーに配合される「ココイルグリシンK」の洗浄力や安全性・毒性について解説します。 また、ココイルグリシンKを配合する市販シャンプーも紹介します。

ココイルグリシンKの特徴
  • 洗浄力が高めのアミノ酸系洗浄成分
  • 優しい石鹸のような使用感
  • さっぱりとした洗い上がり
  • 優れた起泡力・高い脱脂力
  • 安全性に問題はない
目次

ココイルグリシンKとは

陰イオン(アニオン)界面活性剤のアミノ酸系洗浄成分です。

優しい石鹸のような使用感で洗顔フォーム等に用いられます。

特徴

アミノ酸洗浄剤の中では、比較的高い洗浄力とさっぱりとした洗い上がりが特徴です。

また、優れた起泡力、高い脱脂力があります。

ラウリン酸Kとの併用で起泡性および泡安定性が相乗的に向上、ミリスチン酸Kとの併用で泡弾力性・クッション性が相乗的に向上することがわかっています。

安全性・毒性

1990年代からの使用実績があり基本的には安全性は高いといえる。

シャンプーのような短時間の非連続使用として皮膚から完全に洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

ココイルグリシンK配合のシャンプー

ラサーナ プレミオール シャンプー

ラサーナ プレミオール シャンプー

カラーやパーマによる髪のダメージが気になる方に

アミノ酸系洗浄成分とフランス・ブルターニュ産海泥の力で髪や頭皮に詰まった皮脂汚れを吸着し取り除きます

オーガニック認定を受けた植物オイル(セロリ種子エキス、マルラオイル、ブドウ種子エキス、シュガースクワラン)が頭皮の油分バランスを整え、フケやかゆみといったトラブルを防ぎます

髪を滑らかにする成分を配合し、髪にツヤと潤いを与え、乾燥によるパサつき、うねりをコントロールしやすい髪へと導きます

3種の天然精油をブレンドした香りも人気の秘訣。

haru kurokami スカルプ

haru kurokami スカルプ

大人世代向けエイジングケアシャンプー

「髪がパサつく」「頭皮が乾燥する」「ハリ・コシがなくてボリュームがでない」そんな頭皮と髪の悩みがある大人世代におすすめアミノ酸シャンプー。

頭皮の奥の汚れまでしっかりクレンジング。頭皮ケア成分であるソメイヨシノ葉エキス、カミツレ花エキスなどを配合。

髪にハリ・コシを与え、すこやかに保つ成分「キャピキシル」や健康的な髪をサポートするための「ホップエキス」などが配合されています。

髪の若々しさに大きく貢献するハリ・コシ・ボリューム感をアップ。

髪色をコントロールしているメラノサイトの働きをサポートするヘマチンなども配合。

アミノレスキュー モイスト シャンプー

アミノレスキューシャンプー

出典:Amazon

8種類のアミノ酸配合したアミノ酸シャンプー

洗浄力はやや強めで、さっぱりと洗える洗浄成分です。

泡立ち洗い心地はそこそこで、悪くないです。しかし、香りは好みが分かれるところ。

ベリーフローラルの香りは、好みが分かれるかも。グミやガムをイメージするような香りに感じました。

仕上がりはサラサラふんわり系で指通りも良かったです。

ダメージレベルが高いと少しきしむやすいかも。

まとめ

ココイルグリシンKの特徴
  • 洗浄力が高めのアミノ酸系洗浄成分
  • 優しい石鹸のような使用感
  • さっぱりとした洗い上がり
  • 優れた起泡力・高い脱脂力
  • 安全性に問題はない

アミノ酸系界面活性剤の中では洗浄力が高めなラウロイルサルコシンTEA。

泡立ちが良くて洗い心地もいい反面、刺激性もややあります。

メインの洗浄剤ではなく、補助的に配合されているシャンプーがおすすめです。(今回紹介したシャンプーは補助剤として配合されています。)

参考サイト:ココイルグリシンKとは…成分効果と毒性を解説

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

関連記事

新着記事

目次
閉じる