ココイルグリシンKの洗浄力や安全性・毒性について【アミノ酸系シャンプー成分解説】

potassium-cocoyl-glycinate

シャンプーに配合される「ココイルグリシンK」について解説します。

ココイルグリシンKの特徴
  • 洗浄力が高めのアミノ酸系洗浄成分
  • 優しい石鹸のような使用感
  • さっぱりとした洗い上がり
  • 優れた起泡力・高い脱脂力
  • 安全性に問題はない
目次

ココイルグリシンKとは

陰イオン(アニオン)界面活性剤のアミノ酸系洗浄成分です。

優しい石鹸のような使用感で洗顔フォーム等に用いられます。

特徴

アミノ酸洗浄剤の中では、比較的高い洗浄力とさっぱりとした洗い上がりが特徴です。

また、優れた起泡力、高い脱脂力があります。

ラウリン酸Kとの併用で起泡性および泡安定性が相乗的に向上、ミリスチン酸Kとの併用で泡弾力性・クッション性が相乗的に向上することがわかっています。

安全性・毒性

1990年代からの使用実績があり基本的には安全性は高いといえる。

シャンプーのような短時間の非連続使用として皮膚から完全に洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

ココイルグリシンK配合のシャンプー

まとめ

アミノ酸系界面活性剤の中では洗浄力が高めなラウロイルサルコシンTEA。

泡立ちが良くて洗い心地もいい反面、刺激性もややあります。

メインの洗浄剤ではなく、補助的に配合されているシャンプーがおすすめです。(今回紹介したシャンプーは補助剤として配合されています。)

参考サイト:ココイルグリシンKとは…成分効果と毒性を解説

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

関連記事

新着記事

目次
閉じる