ラウリル硫酸ナトリウムの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

ラウリル硫酸Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される陰イオン性界面活性剤の「ラウリル硫酸Na」について解説します。洗浄剤の特徴や効果作用、安全性(毒性)、注意点についても紹介します。

ラウリル硫酸ナトリウムの特徴を要約
  • 高い洗浄力と脱脂力を持つ
  • 泡立ちに優れている
  • 陰イオン性界面活性剤
  • 皮膚刺激性がある
  • 分子が小さく残留性がしやすい

監修者

下川直人のプロフィール写真

下川直人

  • 監修者は「選び方」についてのみ監修をおこなっており、掲載している商品は監修者が選定したものではありません。LALA MAGAZINEが独自に検証を行ったうえで、ランキング化しています。
  • 掲載商品は、選び方に記載されている効果・効能があることを保証するものではありません。ご購入に際しては、各商品の説明を必ずご確認ください。
目次

ラウリル硫酸ナトリウムとは

化粧品成分表示名称ラウリル硫酸Na
医薬部外品表示名称ラウリル硫酸ナトリウム
医薬部外品表示簡略名ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸塩

陰イオン性界面活性剤の一つであるラウリル硫酸ナトリウムドデシル硫酸ナトリウムとも呼ばれます。

特徴

高い洗浄力と脱脂力を持ち、泡立ちに優れています。

洗浄剤として、シャンプーや歯磨き粉、ボディソープに使用されていますが、肌への刺激になりやすい特徴があります。

また、分子が小さく残留性が高いため、日本のシャンプーではあまり利用されなくなっています

安全性・毒性・注意点

一般的な界面活性剤と同様に、皮膚や眼などに入った場合炎症を起こす可能性があります。眼に入った後は大量の水で洗い流す必要があります。刺激性皮膚炎を引き起こすということもわかっています。

ラウリル硫酸ナトリウムが配合シャンプー

パンテーン エクストラダメージケアシャンプー 

パンテーン エクストラダメージケアシャンプー 
パンテーン エクストラダメージケアシャンプーの全成分(クリックで開く)
  • ラウレス硫酸Na
  • クエン酸Na
  • コカミドプロピルベタイン
  • キシレンスルホン酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ステアリルアルコール
  • 塩化Na
  • 香料
  • セタノール
  • ジメチコノール
  • グリセリン
  • ジメチコン
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
  • クエン酸
  • 安息香酸Na
  • ドデシルベンゼンスルホン酸TEA
  • EDTA−4Na
  • トリデセス-10
  • ポリクオタニウム−6
  • ポリクオタニウム−10
  • パンテノール
  • ヒスチジン
  • パンテニルエチル
  • トリエチレングリコール
  • ベンジルアルコール
  • PG
  • メチルクロロイソチアゾリノン
  • メチルイソチアゾリノン

ツバキ プレミアムモイスト シャンプー  

ツバキ プレミアムモイスト シャンプー 
TSUBAKI(ツバキ) プレミアムモイスト シャンプーの全成分(クリックで開く)
  • ラウレス硫酸Na
  • コカミドプロピルベタイン
  • ジステアリン酸グリコール
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
  • (プロピルトリモニウムクロリドアクリルアミド/ジメチルアクリルアミド)コポリマー
  • ツバキ種子油
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • スクワラン
  • ローヤルゼリーエキス
  • ダイズ種子エキス
  • ソルビトール
  • ラウリン酸PEG-2
  • 硫酸Na
  • DPG
  • ラウリン酸
  • ジメチコノール
  • サリチル酸
  • クエン酸
  • EDTA-2Na
  • ラウリル硫酸Na
  • BG
  • トコフェロール
  • フェノキシエタノール
  • 安息香酸Na
  • 香料
  • 黄5
  • 黄4

h&s for men ボリュームアップ シャンプー

h&s for men ボリュームアップ シャンプー
h&s for men ボリュームアップ シャンプーの全成分(クリックで開く)
  • ジンクピリチオン液【有効成分】
  • 精製水
  • ベンジルアルコール
  • 塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム
  • 安息香酸ナトリウム
  • 塩化ナトリウム
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム
  • 水酸化ナトリウム
  • 無水クエン酸
  • メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 香料
  • ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
  • セタノール
  • クエン酸ナトリウム
  • キシレンスルホン酸アンモニウム液
  • 高重合メチルポリシロキサン(1)
  • ジステアリン酸エチレングリコール
  • 塩酸

まとめ

ラウリル硫酸ナトリウムは、高い洗浄力と脱脂力を持ち、泡立ちに優れています。

ラウレス硫酸Naと比較されますが、ラウリル硫酸Naの方が残留性が高いため、日本のシャンプーでは使われなくなってきています。

皮膚刺激性もあるため、敏感肌には不向きな洗浄剤だと考えられています。

ラウリル硫酸ナトリウムの特徴を要約
  • 高い洗浄力と脱脂力を持つ
  • 泡立ちに優れている
  • 陰イオン性界面活性剤
  • 皮膚刺激性がある
  • 分子が小さく残留性がしやすい

参考サイト:ラウリル硫酸ナトリウム - Wikipedia
ラウリル硫酸ナトリウム|日本医薬品添加剤協会
エマール 10PT | 花王ケミカル製品
職場のあんぜんサイト:化学物質:ドデシル硫酸ナトリウム
151-21-3・ドデシル硫酸ナトリウム・Sodium Dodecyl Sulfate・190-13982・192-13981・194-13985【詳細情報】|【ライフサイエンス】|試薬-富士フイルム和光純薬"

  • 記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
  • 安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。
  • 商品の成分内容は、メーカーや発売元のホームページの情報を参考にしています。

著者情報

美容師資格を保持する美容師が執筆&監修する美容メディア。「ヘアケア・スキンケア・メイクアップの基礎知識」や「美容の雑学」をわかりやすく解説。プロがおすすめする美容アイテムも紹介します。

Amazonバナー
目次