フィーノ ヘアマスクの効果的な使い方を美容師が解説【リンスやコンディショナーと併用する方法】

人気トリートメント「フィーノ」の使い方を美容師が解説します。効果を引き出すポイントや使用量など、おすすめの放置時間なども紹介します。また、リンス・コンディショナーを使う時の順番など細かい部分も解説しています。フィーノの効果を最大限に引き出したい方は、是非ご覧ください。

目次

資生堂 フィーノ ヘアマスクの基本情報

資生堂 フィーノ ヘアマスクの基本情報
商品名プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク
価格1,078円 (税込)
容量230g
分類化粧品
香りグレースフローラルの香り

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスクは、資生堂が販売する洗い流すタイプのトリートメントです。

濃厚なクリーム状のテクスチャーでとろけるように髪になじみ、髪1本1本を美容液成分で満たします。

特に傷んだ髪用。いたみきった毛先まで、まるで根もとと同じくらいなめらかな髪に仕上げます

フィーノ ヘアマスクの成分

フィーノ ヘアマスクの成分

フィーノ ヘアマスクの効果的な使い方

フィーノ ヘアマスクの効果的な使い方
STEP
シャンプー後、髪の水気を切る

トリートメントの濃度が薄くなるので、髪の水分を充分に取りましょう

タオルで拭き取ってから塗るのが効果的!

STEP
適量を手に取ります
フィーノ ヘアマスクの効果を引き出すコツ3つ
髪の長さフィーノ使用量
ショートティースプーン1杯
ボブ〜ミディアムティースプーン1杯半
セミロングティースプーン2杯
ロングティースプーン2杯半

手をタオルで拭いてから、片方の手に上記の適正使用量を手に取ります。

濡れたままの手で取り出すと、ヘアマスクに水が入るので衛生的におすすめしません。

STEP
毛先から塗って、中間へと馴染ませる

毛先から中間の順番で馴染ませす。根元に付けないようにしましょう

STEP
放置する

適正時間放置します。おすすめは7〜10分
ラップをすると効果的!体温で髪を保温することができます。
この間に浴槽に浸かったりして時間を置きましょう。

STEP
すすぎを入念にする

ヌルヌル感がなくなるまで、入念にすすぎましょう。
頭皮や首周りなどに残っていると、頭皮トラブルなどの原因になることも。

十分すぎるくらいすすぎに時間をかけるのが大切です。

使用頻度は週1~2回がおすすめ

資生堂公式サイトによる、週1~2回がおすすめの使用頻度。髪のダメージ具合を皆ながら頻度を調整しましょう。

頻度が多過ぎると、髪や頭皮がベタつく原因になることがあるので注意しましょう。

参考サイト:資生堂 フィーノ | お手入れアドバイス

フィーノ ヘアマスクの効果を引き出すポイント3つ

ポイント①髪をタオルドライしてから塗る

髪の水分をタオルで拭き取ってからヘアマスクを塗ることで、栄養成分が薄まることなく塗布することができます
ひと手間になりますが、効果の違いを感じれるはず。

ポイント②コーミングする

トリートメント塗布後に、粗いクシ (ジャンボコーム)でコーミングをしましょう。栄養成分がムラにならず、満遍なく髪になじみます。

細かいクシでのコーミングはダメージする原因になるので注意しましょう。

ポイント③ラップ&ホットタオルをする

美容室にあるトリートメントミストのようにラップ&ホットタオルをします。

トリートメント塗布後、ダックカールで髪をまとめます。
そして、ご家庭にある食品用ラップを頭にまきます。その上からホットタオルをまきます。約7〜10分間放置してから、洗い流します。

フィーノ ヘアマスクに関するQ&A

リンス・コンディショナーをする場合の順番は?

シャンプーをした後すぐにフィーノを使います。その後、リンス・コンディショナーのどちらかを使用し、洗い流します。リンス・コンディショナーを併用することで、髪のベタつき・ボリュームダウンしやすくなります。基本的には、リンス・コンディショナーは必要ありません。

毎日使用しても良いですか?

資生堂公式では、週1〜2回の使用をおすすめしています。毎日使用することもできますが、髪のボリュームダウンすることや、頭皮や髪のベタつき原因になることが考えれます。
髪の状態をみながら、使用頻度を調整することをおすすめします。

放置時間はどのくらいが理想?

7〜10分がおすすめです。浸透力が高いトリートメントなので、すぐに洗い流しても効果が得られます。

まとめ

資生堂の人気トリートメント「フィーノ」の使い方を解説してきました。今回紹介してきた使い方を基本とし、髪質に合わせて使用頻度、塗布する量などを調整するようにしましょう。

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

関連記事

新着記事

目次
閉じる