パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される「パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン」について解説します。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインの特徴を要約
  • 両性界面活性剤
  • 洗浄力が高く、泡立ちが良い
  • 増粘性、帯電防止、ヘアコンディショニング効果
  • 低刺激で安全性が高い




目次

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインとは

植物由来の両性界面活性剤です。

両性界面活性剤なので陰イオン、陽イオンの両方の性質を持っています。要は、洗うこともリンスすることもできるということです。

また他の両性界面活性剤に比べ、皮膚刺激が少ないことからベビー用シャンプーで使用される事が多い。

特徴

しっかりとした洗浄力をもち、泡立ちが非常に良い。また、増粘性、帯電防止、ヘアコンディショニング効果が得られます。

安全性・毒性

低刺激で毒性が低いと考えられています。ただし、しっかりとすすぎをして洗い流すようにしましょう。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは両性活性剤の中でも低刺激な成分だとされ化粧品に配合されています。

パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン配合のおすすめシャンプー

マー&ミー ラッテ シャンプー

マー&ミーLatte シャンプー
口コミ&成分解析を見る

デミ ヘアシーズンズ カームリーウォッシュ

デミ ヘアシーズンズ カームリーウォッシュ
口コミ&成分解析を見る

ディアボーテ オイルインシャンプー リッチ&リペア

HIMAWARI ひまわり ディアボーテ オイルインシャンプー(リッチ&リペア)
口コミ&成分解析を見る

ディアボーテ オイルインシャンプー ボリューム&リペア

ディアボーテ オイルインシャンプー ボリューム&リペア
口コミ&成分解析を見る

まとめ

シャンプーの泡立ちや増粘性、帯電防止、ヘアコンディショニング効果が得られるパーム核脂肪酸アミドプロピルベタインについて解説してきました。

泡立ちのいいシャンプーをお探しなら、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン配合のシャンプーを試してみてはいかがでしょう。

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

シャンプーに使われる洗浄成分(アミノ酸系、高級アルコール系、石けん系)の特徴を洗浄力の強さ、泡立ち、刺激性をわかりやすくまとめています。成分表の見方についても解説します。

シャンプーに使われる界面活性剤の種類

関連記事

目次
閉じる