スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naの洗浄力や安全性・毒性について【シャンプー成分解説】

シャンプーに配合される「スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na」について解説します。

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naの特徴を要約
  • 高い気泡性をもつ
  • さっぱり系の洗い上がり
  • 洗浄力はやや高め
  • 低刺激で安全性に問題のない成分

[no_toc]




目次

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naとは

陰イオン(アニオン)界面活性剤です。

同一分子内に酢酸とスルホン酸の二つの構造を持ちます。スルホン酸系とエーテルカルボン酸系の中間的な性質があります。

特徴

気泡性に優れ、やや高めの洗浄力をもちながら、髪や肌への刺激性が低い特徴を持ちます。

泡立ちもよくて、さっぱりと洗える洗浄剤でサロン専売シャンプーに使われることが多い。

高めの洗浄力と低刺激性を両立したい人におすすめの洗浄成分です。

安全性・毒性

皮膚刺激性やアレルギー性などはほとんどなく、安全性に問題のない成分であると考えられています。

シャンプーのように短時間で短時間の非連続使用として皮膚から完全に洗い流すように設計された製品において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na配合のおすすめシャンプー

ナプラ ケアテクトHB リペアシャンプー

ナプラ ケアテクトHB リペアシャンプー
口コミ&成分解析を見る

まとめ

高い気泡性を持ち、洗浄力も適度にありつつ低刺激。

さっぱりと洗えるさっぱりと洗える洗浄剤でサロン専売シャンプーに使われることが多いスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na。

高めの洗浄力と低刺激性を両立したい人におすすめの洗浄成分です。

参考サイト:化粧品表示名称 成分詳細 スルホコハク酸(C12-14)パレス-2-2Na

※記事の内容は、効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。安全性判定は各種文献を参考に当サイトの見識による独自の判定としております。

シャンプーに使われる洗浄成分(アミノ酸系、高級アルコール系、石けん系)の特徴を洗浄力の強さ、泡立ち、刺激性をわかりやすくまとめています。成分表の見方についても解説します。

シャンプーに使われる界面活性剤の種類

関連記事

目次
閉じる