MENU
カテゴリー
【2024年2月】ヘアスタイルランキングはこちら

切りっぱなしロングのデメリット3つ・メリット3つ【美容師が解説】

切りっぱなしロングのデメリット3つ・メリット3つ【美容師が解説】

切りっぱなしロングのデメリット3つ・メリット3つについて美容師が解説します。美容室でに行く前の参考になれば幸いです。

目次

切りっぱなしロングのデメリット3つ

切りっぱなしロングのデメリットは、トップのボリュームダウンヘアスタイルのフォルムがIライン・Aラインになることカールアイロンでのコテ巻きが難しくなることです。

①トップのボリュームダウン

①トップのボリュームダウン
出典:Instagram(@lala__hair)

切りっぱなしロングは、毛先に厚みがあり重たくなる髪型なので、トップがボリュームダウンしやすくなります。

猫っ毛・細毛の場合、根元が潰れやすくなるので注意が必要です。ボリュームダウンの対策として、ぱっつん前髪にすることで目立ちにくくなります。

②ヘアスタイルのフォルムがIライン・Aラインになる

②ヘアスタイルのフォルムがIライン・Aラインになる
出典:Instagram(@lala__hair)

切りっぱなしロングは、基本的に段差のないワンレングスカットをベースとしているため、髪型のフォルムがIラインかAラインになります。

Iラインのデメリットとして、トップのボリュームダウンと縦長シルエットになること面長の場合、より縦長を強調することになるので、似合わせが難しくなります。

縦長のすっきりとした主張し過ぎないデザインなので、洋服やアクセサリー、メイクアップの邪魔をしないことがメリットです。

②ヘアスタイルのフォルムがIライン・Aラインになる
出典:Instagram(@lala__color)

Aラインフォルムのデメリットは、トップのボリュームがでないことです。ボリュームダウンしたくない方は避けた方が良いでしょう。

③カールアイロンでのセットが難しい

③カールアイロンでのセットが難しい
出典:Instagram(@lala__color)

切りっぱなしロングのデメリットとして、カールアイロンでのセットが難しいことがあげられます。基本的にストレートスタイルか毛先ワンカール巻きのセットがおすすめです。しっかりと巻きたい時は、波巻きにするのがおすすめです。

切りっぱなしロングのメリット3つ

①オシャレ可愛い雰囲気がつくりやすい

①オシャレ可愛い雰囲気がつくりやすい
出典:Instagram(@lala__hair)

切りっぱなしロングにしか出せないオシャレで可愛い雰囲気が最大のメリットです。切り揃えられた毛先、モードやストリートカジュアルなテイストのファッションとの相性も抜群にいい。ぱっつん前髪と合わせれば、誰もが振り返るオシャレ顔の完成です。

②ヘアセットが簡単で再現性が高い

②ヘアセットが簡単で再現性が高い
出典:Instagram(@lala__hair)

メリット二つ目は、とにかくヘアセットが簡単なこと基本的にヘアドライだけでOK!くせ毛の方は、ストレートアイロンを通すだけで簡単に再現することができます。

ヘアドライ後、ストレートアイロンを通してヘアオイルを馴染ませるだけの簡単ヘアです。

③髪が広がりにくい・まとまりやすい

③髪が広がりにくい
出典:Instagram(@lala__hair)

切りっぱなしロングは髪の厚みと重さがあるので、髪が広がりにくくまとまりが良いというメリットがあります。髪が広がりやすい髪質、とくに乾燥毛・くせ毛の方におすすめです。

まとめ

切りっぱなしロングのデメリットとメリットを美容師が解説してきました。トップのボリュームダウンやIライン・Aラインフォルムになること、アイロンが難しいことを理解してぱっつんロングにトライしてくださいね。

少し短め切りっぱなしセミロングはこちら

  • 記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
  • ヘアスタイル画像は、全てLALA公式ヘアカタログ・Instagramアカウントの写真を使用しています。
  • 画像を引用される際は、出典元として必ずLALAのURLをリンクしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

目次