サロンシャンプーのおすすめランキング16選【美容室専売の人気アイテムを美容師が厳選】

サロンシャンプーのおすすめランキング【美容室専売の人気アイテムを美容師が厳選】

サロンシャンプーのおすすめランキングを紹介します。美容室専売の人気ブランドであるナプラ エヌドットやミルボン、デミ、ルベルなどから美容師が厳選。サロンシャンプーと市販シャンプーの違いについても解説しているので、是非ご覧ください。

目次

サロンシャンプーの選び方

サロンシャンプーの選び方
  1. 低刺激な洗浄成分から選ぶ
  2. 毛髪補修成分配合を選ぶ
  3. 保湿成分配合を選ぶ

①低刺激な洗浄成分から選ぶ

頭皮や髪に優しい刺激性の低い洗浄成分を配合したシャンプーがおすすめです。特におすすめな洗浄成分3つを紹介します。

ココイルメチルタウリンNaの特徴

きめの細かい泡立ちとさっぱりとした使用感が特徴です。

適度な洗浄力があるので、普通肌〜脂性肌の方、スタイリング剤を毎日つける方におすすめです。重くならずふんわりとした仕上がりなので、パーマをかけたスタイルにもおすすめ。

ラウロイルメチルアラニンNaの特徴

適度な泡立ちと洗浄力があり、洗い上がりのすっきり感が特徴です。

重たくならず、根元からふんわりとした仕上がりを求める方におすすめです。

ココイルグルタミン酸Naの特徴

洗浄力が優しくしっとりとした仕上がりが特徴。

乾燥毛や硬い髪におすすめの成分です。カラーやパーマを繰り返しているダメージヘアにも適しています。

泡立ちや洗浄力はマイルドなので、脂性肌の方やスタイリング剤を多くつける方にはやや不向き。

②毛髪補修成分配合を選ぶ

ダメージケアに最適な毛髪補修に関係する成分を配合しているシャンプーがおすすめです。

加水分解ケラチン(羊毛)加水分解シルクなどのタンパク質を配合しているものは毛髪補修効果が高くカラーやパーマ後のダメージを受けた髪におすすめです。

ヘマチン・クエン酸・リンゴ酸などは、カラーやパーマ後のpHを弱酸性に整える成分です。髪のゴワつきが抑えられ手触りの改善にも貢献します。パーマの持ちにも影響を与える成分なので要チェックです。

毛髪補修成分の一覧

また、毛髪補修に関係する成分は、パーマ後のダメージ予防、持ちを良くすることに貢献するので要チェックです。

③保湿成分配合を選ぶ


乾燥した髪は、枝毛・切れ毛ができる原因になります。また、ヘアカラーやパーマの持ちも悪くなります。

ダメージ予防には保湿することが大切です。保湿効果の高い成分として、有名なのがグリセリンセラミドコラーゲンなどです。

シャンプーの保湿成分

保湿成分がシャンプーに含まれているものを選びましょう。

サロンシャンプーのおすすめランキング16選【美容室専売の人気アイテムを美容師が厳選】

1位.サンコール R-21 シャンプーEX

サンコール R-21 シャンプーEX

出典:Amazon

カラー・パーマ直後の残留アルカリを穏やかに除去

「サンコール R-21 シャンプーEX」は、低刺激でマイルドな洗浄力を持つアミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプー。

ヘマチン配合のほか21種類の植物美容エキスを配合。毛髪保護・保湿成分でハリ・コシ感とつやのある美しい髪へと導きます。栄養成分である発酵熟成プラセンタエキス(保湿成分)、発酵オリーブ葉エキス(保湿成分)、コメ発酵エキス(保湿成分)配合。

カラー・パーマ直後の残留アルカリを穏やかに除去します。カラーの色持ちが悪いという方におすすめです。

2位.ナンバースリー ミュリアム 薬用スカルプ炭酸クレンジング

ナンバースリー ミュリアム 薬用スカルプ炭酸クレンジング

出典:Amazon

薬用クレンジングシャンプー

「ナンバースリー ミュリアム 薬用スカルプ炭酸クレンジング」は、通常のシャンプーでは落としきれない汚れをクリアにする頭皮用の薬用クレンジングシャンプー

高濃度5000〜7000ppm※1の炭酸を配合し、高濃度の炭酸泡が皮脂や角質、水道水による金属イオン、スタイリング剤などによる汚れを浮き上がらせて除去

頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤を使用し、更にローヤルゼリーや植物由来の成分をふんだんに配合して頭皮への負担を軽減。

ふけ・かゆみ、汗臭を予防する有効成分グリチルリチン酸2K配合。

3位.ナプラ インプライム シルキースムースシャンプー アルファ

ナプラ インプライム シルキースムースシャンプー アルファ

シルク系洗浄成分の力で髪と地肌をなめらかに洗う

ナプラ 「インプライム シルキースムースシャンプー アルファ」は、パーマをかけた後の繊細な髪に嬉しい成分が贅沢に配合されているシャンプーです。

優しい洗浄力のラウロイルシルクアミノ酸Kを主な洗浄成分とし、髪と地肌の汚れをやさしく洗浄。

然シルクから抽出される保湿力の高いシルクプロテインを配合。アルガンオイルやシアバターなどを配合し潤いのある柔らかな髪に仕上げます。

毛髪にハリコシを与えるジラウロイルグルタミン酸リシンNaや保湿成分のリピジュアも配合。

ただし、泡立ちがやや弱め、香りも独特な匂いがありますパーマ後だけ使うなど期間限定で使うのもアリかもしれません。

4位.デミ フローディア シャンプー スリークモイスト

デミ フローディア シャンプー スリークモイスト

出典:Amazon

毛髪補修成分を贅沢に配合したシャンプー

「デミ フローディア シャンプー スリークモイスト」は、ダメージでかたくなった髪を、やわらかくなめらかな艶髪へと導く低刺激でありつつ適度な洗浄力をもつ洗浄成分を配合。泡立ちも良くて洗い心地にも優れています

毛髪補修に優れた成分である加水分解卵殻膜、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)を配合。
カラーやパーマによるダメージ毛と相性がいいシャンプーです。

5位.Fプロテクト ヘアシャンプー ベーシックタイプ

Fプロテクト ヘアシャンプー ベーシックタイプ

出典:Amazon

スカルプケア・ヘアケアどちらにも対応できるサロンシャンプー

「Fプロテクト ヘアシャンプー ベーシックタイプ」は、ヘマチンをはじめ、毛髪にハリコシを与えるペリセアゼイン、その他髪と頭皮に嬉しい成分を贅沢に配合。頭皮ケア・ダメージケアどちらにも対応できるシャンプーです。

洗浄成分は低刺激でありつつ、洗浄力もあるのでスタイリング剤をつける方でもストレスなく洗えます。

6位.ハホニコ ラメイ ヘアクレンジング シャンプー

ハホニコ ラメイ ヘアクレンジング シャンプー

出典:Amazon

さっぱり仕上がるヘマチン配合のサロンシャンプー

「ハホニコ ラメイ ヘアクレンジング シャンプー」は、低刺激だけどサッパリ系の洗浄力の洗浄成分を配合したサロンシャンプーです。

毛髪補修成分としてヘマチン、ケラチン配合。その他にも各種植物エキスを配合。

抗酸化・抗炎症作用のあるセイヨウノコギリソウエキス頭皮に優しい成分カンゾウ根エキスも配合。その他、ビルベリー葉エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキスなどの植物エキスを配合。

7位.ロオナ ジャンティシャンプー

ロオナ ジャンティシャンプー

出典:Amazon

泡立ちの良い低刺激なサロンシャンプー

「ロオナ ジャンティシャンプー」は、カラー後のデリケートな髪にも最適なベタイン系とラウロイルメチルアラニンNaのアミノ酸系を配合した、低刺激な洗浄成分のシャンプーです。キメ細かい泡立ちで優しく洗い上げます。洗浄剤以外には、ヘマチンと9種類のハーブエキスを配合。

シンプルな成分内容になっているのも特徴の一つです。(いい意味で)

8位.ココイルプレミアムシャンプー

ココイルプレミアムシャンプー

出典:Amazon

頭皮ケア成分を贅沢に配合した高級シャンプー

「ココイルプレミアムシャンプー」は、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウレスー5カルボン酸Naの低刺激でありつつ、適度に洗浄力があるバランスのいい洗浄成分を配合。ヒアルロン酸Naやサクシノイルアテロコラーゲンなど保湿作用のある成分を配合し、頭皮をケアするグリチルリチン酸2Kも配合。ヘマチンや髪の内部まで浸透して補修するペリセア配合。

9位.ミルボン プラーミア クリアスパフォーム

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム

出典:Amazon

頭皮のベタつき・ニオイが気になるオイリー肌におすすめ

「ミルボン プラーミア クリアスパフォーム」は、ベタつき・ニオイのないクリアな地肌へと健やかに導く炭酸濃密泡クレンジングシャンプー高濃度炭酸(気泡成分) 約4400ppmの高濃度炭酸(一般的な炭酸入浴剤: 約1000ppm)がつくりだす微細な濃密包で過酸化脂質を浮かし出し、除去します。

殺菌成分であるピロクトンオラミンが配合されているのが特徴。頭皮の状態に合わせて、使用頻度などを考える方がいいでしょう。

カキタンニン(洗浄補助成分)で頭皮をスッキリ洗い、気になる頭皮の臭いを抑えます

石鹸系の洗浄成分でさっぱりと洗いあげます

10位.N.(エヌドット) シアシャンプー スムース

エヌドット シアシャンプー スムース

出典:Amazon

泡立ち洗い心地が良いサロンシャンプー

ナプラ「N.(エヌドット) シアシャンプー スムース」は、人気ヘアケアシリーズ「N.」シリーズのヘアサロン専売のシャンプーです。

SMOOTH(スムース)とMOISTURE(モイスチャー)の2種類展開されています。

エヌドット シアシャンプーの特徴は、シアバター由来の洗浄成分(シア脂グリセレス-8エステルズ)を配合しているところ。

高い保湿力をもちながら、皮脂とのなじみがよく、頭皮の毛穴に詰まったしつこい皮脂や汚れを包み込んで浮き上がらせます。

3種類の超高圧処理植物オイルや、フラーレンマジョラムエキスなど保湿成分をたっぷり配合し、さらりと軽く、指通りのよい髪へ導きます。

柔らかくフェミニンなホワイトフローラルに、フルーティやウッディな香りをブレンドした上品な香り。

11位.デミ ヘアシーズンズ カームリーウォッシュ

デミ ヘアシーズンズ カームリーウォッシュ

出典:Amazon

泡立ちが良く洗い心地の優れたサロンシャンプー

「デミ ヘアシーズンズ カームリーウォッシュ」は、手肌が荒れやすい方、頭皮が乾燥しやすい方でも使える高い保湿力が特徴のシャンプーです。

低刺激でありつつ洗浄力もちゃんとあるアミノ酸系洗浄成分を配合。

洗い心地もよくて、スッキリと洗えます。ベタつくこともなく、手触りサラサラ仕上がりです。

頭皮ケア成分である「グリチルリチン酸2K」配合。

加水分解卵殻膜(毛髪保護成分)、アミノ酸(保湿成分)、アセロラエキス(保湿成分)を配合して、コンディショニング作用も高いシャンプーになっています。

バランスのいいシャンプーで気になる点は見当たりません。髪がベタつきやすい、ボリュームアップしたい方におすすめ

12位.ルベル イオ クレンジング リラックスメント

ルベル イオ クレンジング リラックスメント シャンプー

出典:Amazon

うるおいがあるのにベタつかない仕上がり

タカラベルモント「ルベル イオ クレンジング リラックスメント」は、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。

植物由来100%のアミノ酸系をベースに助剤としてスルホベタインを配合した洗浄成分で、乾燥が気になる地肌も潤いのある髪に仕上げます

泡立ちや香りが良く、洗っている最中も心地の良くて、シャカシャカというより、もちもちとしたような洗い心地
です。

保湿成分レピジュア(ポリクオタニウム-64)や保護成分甘草エッセンス(グリチルリチン酸2K)を配合していて、頭皮が乾燥しやすい方にオススメです。

潤いのある仕上がりでパサつかないしっとりとした仕上がりでも重たくならないのがメリットです。

毛穴をつまらせ、ニオイ、ベタつきの原因になりやすいシリコンをフリーに。潤い感をサポートするローズルグリーンの香り

13位.デミ ミレアム シャンプー

デミ ミレアム シャンプー

出典:Amazon

優しい洗浄力で低刺激なサロンシャンプー

「デミ ミレアム シャンプー」は、優しい洗浄力で低刺激なサロンシャンプーです。しっとりしつつ、サラサラ仕上がりです。

頭皮や手肌が乾燥する方、髪がパサつきやすい方におすすめ。頭皮ケア成分としてグリチルリチン酸2Kを配合。

デリケートな髪にもソフトな洗い上がりで、手肌にやさしい設計なのが特徴です。

洗浄力が弱めなので脂性肌・オイリー肌には不向きです。

14位.ミルボン ジェミールフラン シャンプーD

ミルボン ジェミールフラン シャンプーD

出典:Amazon

キューティクルを整え、絡まらない動きやすい髪へと導く

ミルボン「ジェミールフラン シャンプーD」は、保水性の高いシルクソフトナーが髪の毛にやわらかさを与え、すっとおさまる絡まりにくい髪へと導きます

水分をため込む力のある「微細ヒアルロン酸(保湿成分)」で毛髪をふくらませ、
その状態を維持する力を持つタンパク質「CMADK(毛髪補修成分)」のダブル効果で、うるおいをたっぷり髪の毛に閉じ込めます。

フルーツとグリーンの香りを高めた「フルーティピュアピオニー」の香り。

15位.ミルボン オージュア QU クエンチ シャンプー

ミルボン オージュア QU クエンチ シャンプー

出典:Amazon

強い洗浄力が特徴でダメージ毛には不向き

ミルボン「オージュア QU クエンチ シャンプー」は、オリーブスクワランやモイストリキッドオイルなどの毛髪補修成分配合のサロンシャンプーです。

しかし、ラウレス硫酸Naをメインに配合した成分構成のシャンプーなので、洗浄力が強くて刺激性も高めになっています。

髪の水分を保つCMCの脂質層の崩れを補修し、水分保持力を高める作用をするはずが、洗浄力の強さでどこまで役割を果たすか疑問。少なくとも、ダメージ毛や乾燥毛の方には不向きなシャンプーです。

16位.ケラスターゼ DP バン オレオ リラックス

ケラスターゼ DP バン オレオ リラックス

出典:Amazon

洗浄力が非常に強いシリコン入りのシャンプー

「ケラスターゼ DP バン オレオ リラックス」は、ラウレス硫酸Na、ココベタイン、ラウレス-5カルボン酸という洗浄成分を配合していて、洗浄力が強めのシャンプーになっています。

そして、もう一つ特徴なのがシリコンを配合していること。また、着色料と香料、パラベンも配合されています。

サロンシャンプーの使い方

サロンシャンプーの使い方
  1. シャンプー前にブラッシングで汚れを取る・絡まりを解く
  2. ぬるま湯(38℃前後)でシャワーヘッドを頭皮に当てながらすすぐ
  3. 適正量のシャンプー剤を手にだす
  4. しっかりと泡立てる
  5. 頭皮をマッサージするように洗う(髪を洗わない)
  6. 入念にすすぐ(ヌルヌルがなくなるまで)

サロンシャンプーに関するQ&A

サロンシャンプーと市販シャンプーの違いは?

販売方法に違いがあり、シャンプーの中身は基本的に同じです。サロンシャンプーは、美容室専売品であり市販では購入することができないようになっています。しかしながら、現在では通販サイトでもサロンシャンプーが販売されていることが多いようです。

ダメージを受けた髪を修復することはできますか?

損傷した髪を修復することはできません。髪は爪と同じように死んだ細胞なので、自己修復する力はないのです。トリートメントなどのヘアケアを行うことで、扱いやすい髪の状態へと導くことができます。

縮毛矯正で失敗をして切れ毛がひどいです。どう対処すればいいですか?

切れ毛ができた部分をカットする方法がおすすめです。美容院ではトリミングカットというメニューで切れ毛・枝毛をカットしてくれます。自分でカットする場合は、切れ毛の少し上から直角にカットしましょう。

パーマでひどく傷んだ髪は、どう対処すればいいですか?

毛髪補修に関係する加水分解ケラチン(羊毛)や加水分解シルクなどのタンパク質を配合しているヘアケアを使うのがおすすめです。パーマをかけたばかりなら、ヘマチン・クエン酸・リンゴ酸などのph調整作用がある成分配合を選びましょう。

まとめ

美容室専売のサロンシャンプーを紹介してきました。洗浄成分や補修成分、保湿成分をチェックして、髪質や髪の状態に合わせたシャンプーを選ぶようにしましょう。

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。
内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!




目次
閉じる