ベタイン系シャンプーとは?アミノ酸系との違いについて:おすすめシャンプーも紹介

ベタイン系シャンプーとは?アミノ酸系との違いについて:おすすめシャンプーも紹介


「ベタイン系シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いが知りたい」「ベタイン系シャンプーのおすすめが知りたい」そんな方に向けて、ベタイン系について美容師が解説します。

ベタイン系シャンプーの特徴を要約
  • 両性界面活性剤
  • 泡立ち、粘度、コンディショニングを調整
  • 皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどなく安全性に問題はない
目次

ベタイン系シャンプーとは

ベタイン系シャンプーとは

ベタイン系シャンプーとは、ベタイン系の洗浄成分を配合したシャンプーのことです。

ベタイン系の洗浄成分は、両性界面活性剤という洗剤のこと。

シャンプーの洗浄力を穏やかにする作用、肌への刺激を緩和する作用があります。低刺激ということもあり、ベビーシャンプーにも使われる洗浄成分です。

シャンプーにおいては単体では使われず、他の洗浄成分と併用されることが一般的です。

ベタイン系シャンプーとアミノ酸系シャンプーとの違いについて

ベタイン系シャンプーとアミノ酸系シャンプーの違いは、明確な決まりはありません。

個人的な見解で言いますと、洗浄成分の配合量の違いです。

種類主な洗浄成分
ベタイン系シャンプーベタイン系洗浄成分
アミノ酸系シャンプーアミノ酸系洗浄成分

ベタイン系洗浄成分が多く配合されていればベタイン系シャンプー。

アミノ酸系洗浄成分が多く配合されていればアミノ酸系シャンプーということになります。

ベタイン系シャンプーのおすすめ

どちらのシャンプーも優しい洗浄力で、低刺激。しっとり仕上がるシャンプーです。

ピュアナチュラル シャンプー M

ピュアナチュラル シャンプー M

出典:Amazon

デミ ミレアム シャンプー

デミ ミレアム シャンプー

出典:Amazon

優しい洗浄力で低刺激なシャンプー

しっとりしつつ、サラサラ仕上がりです。

乾燥して髪がゴワゴワする方におすすめしたい。

頭皮ケア成分としてグリチルリチン酸2Kを配合。

デリケートな髪にもソフトな洗い上がりで、手肌にやさしい設計なのが特徴です。

洗浄力が弱めなので脂性肌には不向きです。

アミノレスキュー モイスト シャンプー

アミノレスキューシャンプー

出典:Amazon

凛恋 リンレン シャンプー ローズ&ツバキ

凜恋 リンレン レメディアル シャンプー ローズ&ツバキ

出典:Amazon

ボタニスト ボタニカルシャンプー ダメージケア

ボタニスト ボタニカルシャンプー ダメージケア

出典:Amazon

ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト

ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト

出典:Amazon

アロマキフィ オーガニック シャンプー モイスト&シャイン

アロマキフィ オーガニック シャンプー モイスト&シャイン

出典:Amazon

いち髪 ナチュラルケアセレクト モイスト シャンプー

いち髪 ナチュラルケアセレクト モイスト シャンプー

出典:Amazon

いち髪 ナチュラルケアセレクト スムース シャンプー

いち髪 ナチュラルケアセレクト スムース シャンプー

出典:Amazon

まとめ

ベタイン系シャンプーは、併用されている洗浄成分によって性格が大きく違ってきます。

シャンプーの洗浄力を穏やかにする作用、肌への刺激を緩和する作用があります。低刺激ということもあり、ベビーシャンプーにも使われる洗浄成分です。シャンプーにおいては単体では使われず、他の洗浄成分と併用されることが一般的です。

ベタイン系シャンプーの特徴を要約
  • 両性界面活性剤
  • 泡立ち、粘度、コンディショニングを調整
  • 皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどなく安全性に問題はない

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!




目次
閉じる